「一番バッテリー量が多いWiMAXのルーターはどれ?」

無線のWiMAXは、最近では手軽に使えるインターネットとして自宅で使う人が多いようです。しかし、

  • 旅行が趣味な人
  • カフェでパソコンを使う人
  • 通勤時間にサイトをチェックする人

など外でも使う機会が多い人には、大容量のバッテリーが評判の「WX04」がおすすめです。

大容量のバッテリーがあることにより、電源が切れる心配を減らすことができますし、またWX04はバッテリーの交換が自分で出来ますので、予備のバッテリーを持つことも出来ますよ。

この記事では基本的なスペックから、他の機種とのバッテリーの比較、口コミを紹介しますので、WX04を使う時のメリット・デメリットが分かりますよ。

また最後には、WX04をお得に使えるプロバイダ(代理店)の紹介をしますので、WX04が気になっている人は是非参考にしてください。

WX04の基本スペック

WX04は2017年11月1日に発売された国産のルーターで、バッテリーの容量が大きいとして評判が高いです。

そのWX04のスペックを表にまとめると、

発売日 2017年11月1日
製造元 NEC
対応ネットワーク WiMAX2+ 、au 4G LTE
最大通信速度 440Mbps
バッテリー持続時間

ハイパフォーマンスモード:約8時間

ノーマルモード:約11.5時間

エコモード:13.8時間

重さ 約128g
サイズ 111×62×13.3mm

バッテリーの持ち時間については次の項目で紹介するのですが、結論から言いますと

「現在発売されているWiMAXの機種の中で1番バッテリー容量が大きいです。

では通信速度についてはどうでしょうか?

実は通信速度については「W05」という2018年に発売された機種より遅くなっています。

W05の最大通信速度558Mbpsですので、WX04との差は118Mbps。

しかし実際に使う場合に通信速度が、440Mbpsあれば問題はありません。

例えば、メールの受信では1Mbpsあれば十分できますし、youtubeの動画も10Mbpsあれば止まることなく見ることができますよ。

そのため、特に速さにこだわりがなければWX04を選んでも良いと思います。

気になる質問

Q. WiMAXの通信速度を測ってみたら60Mbpsしか出ていなかった。どうして?

A. 企業のサイトに載っている最大通信速度とは「最高の環境」で測った時に出る速度です。そのため実際に使う時には通信速度が下がります。

しかし60Mbpsの通信速度が出ているなら、普段のインターネットで困ることはありませんよ。

WX04とその他機種のバッテリー比較

比較するルーターは、2016年~2018年に発売された「W05」、「W04」、「WX03」、「WX04」の4つにします。

なぜならそれ以外の機種は、ハイスピ―ド規格であるWiMAX2+に対応していないので通信速度に不安があります。

新しく契約をするなら通信速度の速い機種が良いですよね。

では早速グラフでバッテリーの容量を比較してみましょう。

W05 W04 WX04 WX03
バッテリーの容量 2,750mAh 2,750mAh 3,200mAh 2,890mAh

WX04は4つの中で唯一3,000mAhを超えています。

その差は、約300mAhでしょうか。人によっては「たった300かよ……」と思うかもしれませんが、実際の時間だと1時間30分ほど長く持つことが分かります。(ハイパフォーマンスモードの場合)

W05 W04 WX04 WX03
ハイパフォーマンスモード 約6.5時間 約6.5時間 約8.1時間 約7.3時間
ノーマルモード 約9時間 約9時間 約11.5時間 約10時間
エコモード 約10.5時間 約10.5時間 約13.8時間 約12.3時間

1時間30分あれば、新幹線で東京から名古屋あたりまで行ける時間。

それなら旅行中に迷った時でも、じっくり目的地を調べられると思います。

そのため外で長時間インターネットを使いたい人は、WX04がおすすめです。

WX04の悪い口コミ・良い口コミ

WX04はバッテリーの持続時間が長いことが分かりましたし、通信速度についても問題がないように思います。

しかし口コミでは、どのような評価を受けているのでしょうか?

これから良い口コミだけでなく、悪い口コミも紹介するので参考にしてください。

WX04の悪い口コミ

3年契約しか選べない
長持ちするルーターが欲しくて、WX04を選ぼうとしたけど、契約期間が3年のプランしか選べない……。契約期間は短い方が、解約がしやすいのでW05とどっちにするか迷うな
勝手に電源が落ちる……
え?1週間も使ってないのに故障かよ!使っていると勝手に電源が落ちて再起動するんだけど。通信が途中で切れるから全然使い物にならない!なんとかして!
W05の方が通信速度が速い・・・
契約した後に気が付いたんだけど、WX04よりW05 の方が通信速度速いんだね。気がつかなかった。まあ、WX04でも問題ないからいいけど、通信速度の速さにこだわる人は、W05がおすすめだよ。

悪い口コミまとめ

WX04は、契約期間や通信速度で評判が良くないようです。

ただし契約期間はWiMAXを3年間の場合は「au 4G LTE」の月額オプション料が無料になりますし、

通信速度もWX04の速さで動画やSNS(ツイッター、インスタグラム)を使うのには十分だと思います。

また「電源が勝手に落ちる不具合」については、初期不良なのでカスタマーセンターに連絡を取れば無償で修理をしてくれますよ。

悪い口コミ対策方法

  • 3年契約しか選べない……
    →3年契約だと電波がつながりやすい「au 4G LTE 」の月の利用料金(1005円)が無料
  • 勝手に電源が落ちる……
    →初期不良なのでスグにカスタマーセンターに問い合わせる
  • W05の方が通信速度が速い…
    →WX04に通信速度でも動画やSNSを使うのに問題はない。

WiMAXの電波は山の中などで、圏外になることがあるのですが、au 4G LTEなら電波がつながることがあります。

そのため、外でWiMAXを使いたい人はau 4G LTEのオプションに入ることをおすすめします。

ただし「au 4G LTE」はWiMAXと違って月のデータ量の上限が7GBまでと決まっているので、使いすぎには注意が必要です。

WX04の良い口コミ

電波の安定性が良い
新しくWX04に変えたら、電波の入り方がすごく良くなった!サイトの表示もサクサクだし、動画の読み込み時間も速いので、とても満足しています。
新しく追加されたスケジュール機能が良い!
WX04には、たくさんの機能がありますが私は「スケジュール機能」が地味に嬉しい。仕事時間は、電源をオフにするように設定して節電するようにするとバッテリーが長持ちするよ。
バッテリーを自分で交換できる
W04やW05だと 修理にださないとバッテリー交換ができないのですが、WX04だとバッテリーの交換が自分で出来ます。そのため私は旅行に行くまえに2つバッテリーを充電して持って行くよ。これで急に電源がなくなった時でも安心。ちなみにリチウムイオン電池(バッテリー)は、預け荷物に入れることは出来ないから、手荷物として持ってね。

良い口コミまとめ

WX04は電波の安定性や、新しく追加された機能について好評をされているようでした。また、バッテリーを交換することが出来るので、予備のバッテリーを持っている人もいました。

バッテリーは劣化した時にしか交換しないもの、だと思っていたので意外でした。

これなら確かにバッテリーが充電できない状況になっても、安心してWiMAXを使うことができるので良いですね。

WX04の気になる機能を紹介

口コミでもあったWX04の機能について紹介していきたいと思います。

ビームファーミング技術

ビームフォーミング説明画像

電波を無駄なく使うために、対象端末に電波を集中的に送る技術。

それが「ビームファーミング技術」です。

一般的にモバイルルーター(WiFi)は、周囲にまんべんなく電波を発生させるのですが、これだと無駄が出てしまいます。そこでWX04では、スマホやゲーム機を無線でつなぐときに集中的につなぐことによって、20%の速度アップを実現しているのです。

ワンタイムHS+A

ワンタイム機能画像

WX04は、WXシリーズで初めて「au 4G LTE」に対応しました。

「au 4G LTE」とは、田舎の山の中や高い建物に囲まれた部分でも通じやすい電波のことです。そのため出張や旅行に行った時に、知らない土地でWiMAXがつながらなかった時にau 4G LTEを使えばつながることがあります。

そのau 4G LTEをワンタッチで使えるのが「ワンタイムHS+A」

ただしau 4G LTE にはデメリットがあって

  • 月7GB以上使用すると、128kbpsの通信速度に落とされる(通信速度制限)
  • 速度制限を受けるとその月はずっと遅いまま……

ちなみに7GBと言うのはウェブページの閲覧で言えば、50,000ページ以上見れるデータ容量なので、スグに使いきるということはないです。

しかし動画を高画質で見ると、アッと言う間になくなるのでau 4G LTE 使用中に動画を見るのは避けた方が良いと思います。

ちなみにWX04は3年契約なので、「au 4G LTE」の利用料は無料です。

クレードル(Wウィングアンテナ)

W(ダブル)ウイングアンテナの画像WX03にもあったWアンテナ付きのクレードル。

WX03でクレードルを使ったところ電波の安定性が向上したと評判が高かったので、WX04でも電波の安定性が期待できます。

ちなみにクレードルについているWウィングを使うのに特別な設定は要りません。

WX04を、クレードルに置くだけでWウィングの機能が使えますよ。

スケジュール機能

スケジュール機能画像

使わない時間帯にセットして電源のオン・オフを自動的にしてくれるスケジュール機能。

そのため少しでもバッテリーを長持ちさせたい人は、利用をおすすめします。

ただし、ネットに接続しているスマホやパソコンがあったとしても自動的に電源が切れるので注意してください。

WX04のメリット・デメリット

ここでWX04の基本スぺックや口コミ、機能から見えてきたメリット・デメリットをまとめたいと思います。

【メリット】

  • 大容量のバッテリー
  • 通信性能を向上させる機能が付いている
  • au LTE 4Gの利用料金が無料
  • クレードルには通信強化をするアンテナが搭載

【デメリット】

  • 3年間の契約期間しか選べない
  • w05と比べると速度が遅い

 

WX04は大容量のバッテリーや通信のつながりやすさには、定評のある機種だということが分かりました。

しかし契約期間が3年しか選べない、最新のW05と比べると速度が遅いというデメリットもある機種だと思います。

そのため、

契約期間を2年間にしたい人や、速さにこだわる人は別の機種を選んだ方が良いでしょう。その時は今現在新しいW05をおすすめしますよ。

ですが、

「大容量のバッテリーが欲しい!」

「契約期間が長くても構わない!」

と言うにはWX04がおすすめですよ。

WX04を購入するならどこがお得?

実はWiMAXは契約時に一緒にルータを購入するシステムなので、基本的にWiMAXルーター単品は販売していません。

そのため、「どこで契約すればお得にWiMAXが使えるのか」考える必要があります。

WiMAXを契約できる場所は、

  • ヤマダ電機等の家電量販店
  • auやUQモバイルの実店舗
  • ネットのサイト

3つがあります。

ほとんどの人が家電量販店や実店舗で購入しているかもしれませんが実は、「ネットのサイト」で契約した方がお得にWiMAXを使うことができます。

その理由がWiMAXのプロバイダ(代理店)が、サイト上でお得なキャンペーンを行なっているからです。

そのためWX04を使いたい!と思ったらネットのサイトから申し込みをした方がお得ですよ。

これからお得にWX04が使えるプロバイダを紹介します。

GMOとくとくBB

月額料金 4,263円(3カ月~)※1ヶ月~2ヶ月目は3,609円
キャンペーン

■キャッシュバック39,500円

■20日以内なら違約金無料でキャンセル可能

GMOとくとくBBは、キャッシュバックが多いことで有名なプロバイダです。そのため「キャッシュバックをたくさんもらいたい!」という人はGMOとくとくBBから申し込みをするのをおすすめします。

ただしキャッシュバックの受け取りは、11カ月後に届くメールに希望の口座を記入しないといけないため注意が必要です。

しかしカレンダーに予定を書いておく、あらかじめスマホでアラームが鳴るように設定しておくことで、受け取るタイミングを逃すのを防止できますよ。

またGMOとくとくBBには、「20日間以内なら違約金無料でキャンセル可能」なので、使ってみて満足できなければ違約金なしで解約することができますよ。

GMOとくとくBBで高額キャッシュバック!
GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取れました!確かに11カ月後にメールが来るのはちょっと不便。でもカレンダーに書いておけば忘れないし、あと手続き自体は簡単だから現金が欲しい僕にとっては最高だったよ。

So-net(ソネット)

月額料金

3,280円(3年間)※月額料金適用時の値段

キャンペーン

■月額料金割引、

■クレードル+予備バッテリープレゼント

GMOとくとくBBの「キャッシュバックの受け取りを忘れそう……」という人はSo-net(ソネット)で契約するのがおすすめです。

So-netの料金割引は契約と同時に適用されますので、キャッシュバックのように取り忘れの心配はありません。

またWX04契約限定でクレードルや予備バッテリ―のプレゼントをやっているので、初期費用を安く抑えることができますよ。

月額料金割引でお得にWX04を使える!
私は月額料金割引やクレードル、予備バッテリーが貰えるソネットと契約してスゴクお得感を感じています。キャッシュバックもいいなーと思ったけど、めんどくさがりの私は後から手続きなんて絶対にやらない(笑)

まとめ

WX04の特徴はやはり、大容量のバッテリーと通信機能を向上させることが付いていることでした。

そのため旅行や外で仕事をする人など、

自宅以外でもWiMAXを使いたい人におすすめできるルーターだと思います。

また

GMOとくとくBBで契約すればキャッシュバック39,500円が貰えますし、

So-net(ソネット)で契約すれば月額料金割引とクレードル+予備バッテリ―がもらえます。

どちらでもお得に契約出来るのでWX04を使いたい人は、ぜひここから契約をして下さい。

ちなみにWiMAXは契約すると、auのスマホの利用料金が1,000円割引になる「auスマートバリューmine」がありますので、auユーザーの方はぜひ最寄りのauショップかKDDIのお客様センターで手続きをして下さい。

KDDIお客様センターへの通話番号

au携帯電話から 局番なし 157 

一般電話から 0077-7-111

(受付時間 : 毎日9:00~20:00)

おすすめの記事