「WiMAXの通信速度が遅い……」と悩んでいませんか?WiMAXが遅くなる理由は様々ありますが、最初に考えた方が良いのが「速度制限にかかっていないか?」です。WiMAXには、通信容量を使い過ぎてかかる速度制限が2種類あり、

  • データ通信容量を3日間で10GB以上使う
  • 4G LTE回線を7GB使う

両方とも普段と比べるとかなり遅い速度なので速度制限のことを知らないと「何か不具合があるのかな?」と思ってしまうはずです。他にも通信速度が遅くなる原因は、「古い端末を使っている」「低速の通信モードを使っている」「電波が弱い場所で使っている」といった原因があるので1つずつ解決していきますよ。また「夜にWiMAXの速度が遅くなる……」という人のための対策方法も紹介しますので、気になる人はぜひ参考にしてください。

WiMAXが遅くなる?速度制限とは?

データ通信容量による速度制限は2つあり、

  • 「3日間で10GB」を使う
  • 4G LTE回線を月7GB以上使う

どちらも通信容量の使い過ぎによるものです。それぞれ少し細かい決まりが違うので分けて説明します。

3日間で10GBを使う

3日間で10GB以上の速度制限にかかるのは例えば、

WiMAX速度制限

1日目を3GB、2日目3GB、3日目4.2GBの通信容量を使った場合、3日間の合計は10.2GBになるので、速度制限にかかります。ただし速度制限にかかるのは翌日なので、この場合は4日目の18時から深夜2時になります。速度制限後の通信速度は、1Mbpsと遅い通信速度になりますがyoutube動画の標準画質が見れる程度の速度はあるのですが少し遅いな、と感じてしまうでしょう。そのため、なるべく10GBの速度制限にはかからないように注意した方がいいでしょう。

ちなみに10GBあればyoutubeの動画が、標準画質(SD)で約47時間、高画質(HD)だと約13時間見ることができます。たくさん動画を見たい!という人は、標準画質で動画を見るようにしましょう。そうすれば1日12時間、動画を見なければ10GBに到達しないので、速度制限にかかることはないでしょう。またWebのホームぺージは、10GBで1,0000回以上見ることが出来ますよ。

4G LTE回線を7GB使う

その前に「4G LTEって何?」と思う人もいるので解説すると、4G LTEとはWiMAXの通常回線よりもつながりやすい回線のことで、WiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」を使った時に使用される回線のことです。そのためハイスピードプラスエリアモードは、月に7GBまでしか使えないということです。

ハイスピードプラスエリアモードは、地下鉄や山の中など電波が届きにくいところで使うことによってつながるため便利なのですが、使いすぎには注意が必要です。4G LTEを使い切った時の速度制限は、128kbps。この速度制限は3日で10GB使い切った時の10分の1の速度なので、動画をみようと思ってもカクカクしますし、ホームページを表示するのも時間がかかるので、イライラしてしまうと思います。

しかもその速度制限の期間は、翌月まで続きます。そのため4G LTEを使う時は、データ容量に注意しながら使いましょう。

通信速度制限の対策方法について

■3日で10GBの対策方法

→3日間で10GBを使わないように注意する。かかってしまった場合は、翌日まで待つしかない………

■4G LTE回線を月7GB以上の対策方法

→月に7GB以上使わないようにする。かかってしまったら、次の月までとても遅い通信速度になる

 

結論としては、速度制限にかからないようにするしかありません。そのためルーターで月のデータ容量を確認しながら使いましょう。もし速度制限の期間が過ぎても解除されない時は、ルーターを再起動して下さい。

W01、W02は時代遅れ!?WiMAXルーター(機種)による速度の違い

WiMAXは次々に新しいルータが発売されていますが、もしかしてまだ、2、3年前に発売されたW01(2015年1月発売)やW02(2016年2月発売)を使っていませんか?

W01 W02 W03 W04 W05
発売日 2015年
1月
2016年
2月
2016年
7月
2017年
2月
2018年
1月
通信速度(WiMAX2+使用時)

220Mbps(下り)※1

25Mbps(上り)※2

220Mbps(下り)※1

370Mbps(下り)※1

25Mbps(上り)※2

440Mbps(下り)※1

75Mbps(上り)※2

558Mbps(下り)※1

112Mbps(上り)※2

バッテリー持ち時間 約8時間 約9時間30分 約6時間30分 約6時間30分 約6時間30分

※1 下り速度とは、動画を見たり音楽を聴いたりする時の速度

※2上り速度とは、LiNEに写真を送ったり、メールを送信する時の速度

通信速度について、2015年に発売された「W01」と「W05」を比較すると、下り速度で2倍以上、上り速度では5倍以上と速度が違います。もちろん通信速度が速い方が、快適にインターネットを使うことができますのでW01やW02を使っていて「通信速度が遅いな……」と思う人は、機種変更をした方が良いでしょう。

対策方法~機種変更について~

機種変更については、「更新月」に他のプロバイダに乗り換えて新しい端末をもらうことをおすすめします。よく長い間同じプロバイダを使っていると、「機種変更」キャンペーンとして無料でルータが貰える!と書いてあるかもしれませんが、その方法だと利用料金が高いまま使い続けることになります。

実はWiMAXの利用料金の多くは、契約期間が長いほど高くなるのです。例えば、月額3000円でお得に使える!と書いてあっても、半年使うと月額料金が4000円に、1年後には4500円と増えていることがあります。そのためWiMAXは、契約期間が終わったら「更新月」に解約して他のプロバイダに移った方がお得に使えます。

また乗り換える時、他のプロバイダとネットで契約すればルーターも無料で貰うことができますよ。しかし、「更新月」まで待てない……という人は違約金を負担してくれるプロバイダを利用すると良いでしょう。【2018年9月】ブロードワイマックスは他社からのWiMAXから乗り換える時に違約金を負担してくれるキャンペーンをやっていますよ。

WiMAXのモード変更で通信速度が変わる?モードについて紹介

結論から言うと通常に使う「ハイスピードモード」になっているか確かめてください。もしノーリミットモードになっていると速度は30分の1以下になっています。その理由はモードによって使っている回線が異なるからです。

WiMAXの通信モードには、3つのモードがあり

WiMAXのモードについて

それぞれモードを切り替えることにより、使う回線が異なるので通信速度が変わります。ここで、「WiMAX」「WiMAX2+」「au 4G LTE」という3つの回線について説明すると

■WiMAX

通信速度が下り最大13.3Mbps、上り最大15.4Mbpsの古い回線。ホームページを検索したり、メールを送るという基本的なネットの使用方法では問題のない通信速度だが、動画やデータをダウンロードするなど通信容量が大きい場合は、遅いと感じると思います。2020年3月にWiMAX回線が終了することが発表された。

■WiMAX2+

通信速度下り最大440Mbps、上り最大30Mbps(最新の機種の場合)の新しい回線。標準モードでは、こちらの回線を使用している。WiMAXと比べると通信速度の速さが下りで30倍以上ある。そのため動画や大きいデータをダウンロードする時間も快適に感じる。2020年3月からWiMAXで使われていた、周波数部分をWiMAX2+に切り替えることにより更に快適なネット環境を実現することが期待される。

WiMAXの回線移行を説明する画像

■au LTE 4G

通信速度下り100Mbps、上り最大25Mbpsの回線。WiMAX2+より通信速度が遅いのですが、「au LTE 4G」はWiMAX2+よりつながりやすいという特徴があります。そのため「ハイスピードプラスエリアモード」でau LTE 4Gを使うことによって、WiMAX2+のみではつながりにくかった場所でも、電波が届きやすくなります。

対策方法~モード切り替えについて~

モード切替については、ホーム画面から行なうことができます。そこで「ハイスピードモード」に切り替えましょう。

ただしWX01とWX02は、受信状況に応じて自動でWiMAX2+とWiMAXを自動で切り替えるため「ハイスピードモード」でも遅くなることがあります。

電波が入りにくい!WiMAXのつながりにくい場所とは

電波が入りにくい原因は。

  • 電波が対応している地域ではない
  • 電波の入りにくい場所で使っている
  • ルーターとスマホやPCを離して使っている
  • WIMAXの電波に干渉するものが置かれている

この4つの理由が考えられますので、それぞれの対策方法を解説していきます

対策方法1. WiMAXの対応地域か調べる

WiMAXには地下鉄や山の中など電波が入りにく場所があるのですが、まずは、地域がWiMAXの対応エリアに入っているのか調べてみましょう。WiMAXは人口の99%をカバーしているため、全国ほとんどの場所で使うことができますが、一部地域で対応していないことがあります。WiMAXの対応エリアを調べるには、公式サイトの「ピンポイントエリア判定」に住所を入力することで調べることができます。

ピンポイントエリア判定の方法はこちらから

このピンポイントエリア判定で「〇」「〇~△」であるなら通信速度は十分に出ると思います。

対策方法2. WiMAXの電波が悪い場所から移動する

WiMAXは周りを、壁等で囲まれている場所

例えば、

  • 周りをビルで囲まれた場所
  • 地下鉄
  • 森や山の中

このような場所で使うと、電波の入りが悪くなると言われています。その理由はWiMAXの電波は「ものに反射されやすい」性質があるからです。そのため周りを壁などの障害物で囲まれた場所でWiMAXを使うのは避けた方が良いと思います。しかしどうしても電波の悪い場所で使いたい時があると思います。その時はWiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」を使うことをおすすめします。

このモードに切り替えることによって、電波のつながりやすい4G LTE回線を使えるので、電波の状況が改善すると思います。ただし「ハイスピードプラスエリアモード」は、月に1回でも使うと、利用料として1,005円かかります。

対策方法3. ルーターとスマホの距離を近づけて使う

自宅で、WiMAXを使う時にルーターを2階、スマホは1階で使用してはいませんか?先ほども言いましたがWiMAXの電波は、壁を通り抜けにくいのでルーターとスマホ(PC)の間に壁や障害物がないのが好ましいです。

また、通信距離が短いほど通信速度は安定することが多いのでル―ターとスマホの距離は近づけて使いましょう。もしそれでも通信速度が速くならない場合は、「有線接続」にした方が良いと思います。WiMAXのルーターとスマホ(PC)を有線接続するにはクレードルが必要になりますが、通信速度は無線通信に比べて安定します。

しかし、「クレードルがない……」という人は、自作のパラボラアンテナをつくることによって無線通信のままでも通信速度を安定させることができるようです。自作のパラボラアンテナは、100均に売っているボウルでOK!このボウルをWiMAXのルーターの後ろに置くだけ、ルーターに電波が入りやすくなります。気になる人はぜひ試してみてください

対策方法4. WiMAXの電波に干渉するものの近くで使わない

WiMAXの電波は、他のWi-Fiの電波、Bluetooth、電子レンジの電波に干渉することがあります。Wi-Fiの電波についてはWiMAXのチャンネルを変更することによって改善する場合があるのですが、Bluetoothを利用している場合は、Bluetoothの接続をOFFにしてWiMAXを利用することをおすすめします。また、電子レンジの電波に干渉した場合にも速度低下の原因になるのでWiMAXをキッチンにおいて使用するのは避けた方が良いでしょう。

WiMAXは夜に通信速度が遅くなる?

最新のルーターを使っていて、電波の状況も悪くないのに夜だけ通信速度が遅く感じることがあるようです。もちろん速度制限にもかかっていない状態です。正直私も口コミで見ただけで体験をしたことがないのですが、その理由としては、周りにWiMAXを使っている人が多いことが考えられます。WiMAXの回線も利用者が多くなると、処理ができなくなり通信速度が遅くなるときがあります。対策方法として、「プロバイダを変えたら通信速度が変わらないの?」と聞かれるのですがWiMAXは、プロバイダが違っても使っている回線は同じため効果がないと思います。

対策方法~夜に通信速度が遅くなる~

対策方法としては、WiMAXから固定回線に変える方が良いと思います。固定回線は、有線によってインタ―ネット通信を行なうので無線通信よりも安定した通信速度を出すことができます。またもう1つ固定回線にするメリットとしては、月のデータ容量の制限がないので1日でたくさんネットを使えますよ。「WiMAXを使っていると毎回速度制限にかかる………」という人も固定回線をおすすめします。

よくある質問

Q.プロバイダ(au,broadWiMAX)によって速度の違いはありますか?

 A. WiMAXは、プロバイダが違っても使う回線は一緒であるため通信速度に違いは、ありません。また対応エリアや使えるルーターも同じです。プロバイダによる違いは、月額料金やキャッシュバックの金額なので値段を比較してお得に使える所を選んだ方がいいですよ。

Q. WiMAXの電源が入らなくなった…問い合わせはどこにすればいいですか?

A. WiMAXを契約した場所または、契約したプロバイダに連絡をしましょう。

各契約場所、プロバイダの連絡先はこちら

また、電源が入らなくなった時の対策方法としては、バッテリ―の充電が空になっている場合があるので30分充電をしてから電源を付けると電源が付く場合があります。

まとめ

WiMAXが「遅くてネットが使えない……」とおもったら、まずは通信速度制限にかかっていないか疑いましょう。

  • 3日で10GBを使った時の速度制限は、1Mbps
  • 4G LTE を月に7GB使った時の速度制限は 128kbps

と通信容量を使い過ぎた時の速度制限はきついと思います。1Mbpsあればyoutubeの標準画質で動画は見ることができますが、128kbpsだとホームページを表示するだけでも遅くなるのでイライラすると思います。また、古いルーターを使って遅いと感じる人は、新しいルーターに機種変更をしたほうが良いでしょう。その時は、プロバイダを乗り換えた方がお得ですよ。

おすすめの記事