自宅でPCを使うときは、調べをしたり、動画を観たり、ゲームで遊んだりする方が多いのではないでしょうか。さまざまな用途があり、便利なインターネットですが、「動画が急に遅くなった……」「オンラインゲームをしていると遅延が起こる……」と通信が悪いとイライラしてしまいますよね。

 

ちょっパヤ!ネットは、そんなイライラを解消してくれるかもしれません。ちょっパヤ!ネットは2014年にサービスを開始した比較的新しいプロバイダなのですが、通信制限がないプロバイダとして、人気が出てきています。他のプロバイダであれば、オンラインゲームや、大量のデータのやり取りなどをしていると、回線が混雑する夜間に通信制限が設けられるのですが、ちょっパヤ!ネットは通信制限がないことを公式サイトでも、宣言しています。

 

この記事では、ちょっパヤネットについて特徴や評判・口コミ等、詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

1. ちょっパヤ!ネットはどういうプロバイダ?

1-1. 制限のないプロバイダ

インターネットは回線を通って世界中に発信されていますが、私達がアクセスするためにはプロバイダというものを通さなければいけません。回線は道、プロバイダは道を通るための入り口とよく例えられます。ちょっパヤ!ネットはプロバイダなので、その入口にあたります。

 

よく「回線が混雑しているから、読み込みが悪い」「通信制限がかけられているから読み込みにくい」と聞いたことはありませんか?インターネットは、世界中の人達が絶え間なく使っています。日本の中だけでも、使っていない時間はないのではないでしょうか?インターネット回線という道に、多くの人が混雑していたらいつかパンクを起こしてしまい、機能しなくなってしまいます。人の通りを制限して、パンクを防ぐために通信制限はかけられているのです。

しかし、オンラインゲームや動画を観ていて、読み込まなくなったらイライラしちゃいますよね。ちょっパヤ!ネットは、通信制限・転送量制限がないから混雑時でも安定して通信を行うことができるのです。

通信速度の単位は「bps」という単位が使われます。動画を見るときは1~10Mbps以上、オンラインゲームをするときは30Mbps以上の速度が必要になります。制限がかけられているとこの数字を出すことが難しくなりますが、プロバイダを変更するだけでこう変わります。

ちょっパヤ! 回線変更

※下り(読み込み・ダウンロードのこと)
※上り(送信・アップロードのこと)

ちょっパヤ!ネット公式サイト調べの結果です。この数値が出るとしたら高画質の動画や、容量の大きいゲームをしていてもカクつくことも、読み込みに時間が取られることはなくなるでしょう。既に家にインターネット回線を通してある人でも、ちょっパヤ!ネットに対応している回線は多いので、プロバイダだけ乗り換えるなんてこともできちゃいます。通信環境に満足していないのなら、通信制限がないプロバイダがオススメなのです!

1-2. 固定IPの取得

固定IPというものを知っていますか?IPというのは、インターネット上にある自分のPCの住所のようなものです。通常なにも加入していない状態であれば、IPは動的IPと呼ばれるものを使用していて、定期的にIPは変更されます。固定IPは名前の通りIPが固定されていて、自分の番号を持っています。固定IPがあることで、自分でサーバーを立ち上げてサイトを運営したり、出先からIPをたどって自分のPCにアクセスできたりします。日本でIPを取得したら、海外に出ても国内でしかアクセスできないゲームの使用やサイトの閲覧も可能なので、海外によく行くという人はとっておくことをオススメします。

 

ちょっパヤ!ネットは固定IPの費用が他のプロバイダと比べて安く、個人でも取得することができるので、興味がある人は申請してみましょう。しかし、固定IPにもデメリットはあり、クラッカーのような不正アクセスをしてくる者に対してIPを変えて逃げることが難しくなります。固定IPを取得する際は、セキュリティに注意して対策用のソフト等を入れてください。

2. ちょっパヤ!ネットに寄せられている口コミの評価

ちょっパヤ!ネットは制限のないプロバイダと、先程紹介させてもらいましたが実際のところ、ユーザーからの反応はいかがなものでしょうか。口コミを見て確かめていきましょう。

2-1. 実際に言われている悪い内容の口コミ

他と比べて少し高め 【大阪府 20代 男性】

いろんなプロバイダと比べてみたけど、高いなーと感じたことは事実。まぁ、制限がないものにしたかったから不満はないけど、こだわりたい人向けだとは思う。

遅いじゃん… 【東京都 20代 男性】

いやいや、せっかくプロバイダ変えたのに10Mbps以下ってどういうこと?やっと動作が重くならずに済むと思ったのに、これじゃあ変えた意味ないな。制限とはなんだったのか…

思ったほどではない 【福岡県 40代 女性】

値段とかは許容範囲ではありましたが、回線速度が思ったほどではありませんでした。インターネットを使って仕事をしてますが、ちょっパヤ!ネットはあまり以前のものと比べて代わり映えはしないかと思います。しばらくは使いますが、可もなく不可もなくという思いです。

2-2. 悪い口コミまとめ

悪い口コミを見ていると、料金が高い!や回線速度が思ったほど出ていないという口コミがありました。料金については確かに格安と言われている、「BB.excite」や「Asahiネット」等の方が安いです。そのため、安さを求めるのであればちょっパヤ!ネットはおすすめできないので、他のプロバイダで契約をした方が良いでしょう。

 

速度にこだわるなら、ちょっパヤ!ネットをおすすめしたいのですが、通信速度についても満足していない人もいました。これは予想になってしまうのですが、回線速度が上がらない理由は、もともと速度の出ない回線を使っているからだと思います。

 

ちょっパヤ!ネットは、通信速度を速くするわけではなく「通信速度がない」プロバイダですので、元々の回線速度が遅ければ速度を出すことが出来ません。回線速度が速い光回線を使っていて、このような口コミを見ることがなかったので、速い回線に切り替えると快適にインターネットができると思います。

2-3. 実際に言われている良い内容の口コミ

安定してゲームが可能 【東京都 20代 男性】

意見はいろいろあるかもしれないけど、自分のところは問題なく安定した通信環境です。休日前の夜とか、今まではゲームなんてできたもんじゃなかったけど、今はサクサク動くからちょっパヤ!ネットに変えて良かったと思います。

手続きが簡単でした 【大阪府 30代 女性】

毎月高い金額払っていたのに、夜中は全然早くなんないから会社の詳しい人に聞いたら、プロバイダが原因じゃないかって言われてちょっパヤ!ネットにかえました。プロバイダとか考えたことないし、むしろ初めて聞いたんだけど、前のときと比べてかなり良くなりました。ちょっパヤ!ネットも紹介されて入ったのですが、かなりオススメ。よく分からなくても手続きができるし、最悪サポートに電話してやれば完璧です(笑)

IPv6がヤバイ 【埼玉県 30代 男性】

休みはいつもFPSで遊んでるけど、ちょっパヤ!ネットにあるv6プラスプランはIPv6の通信方式だから、通信が速くてヌルヌル動くから楽しいwwwニコ動もyoutubeの生配信も簡単に見れるから、休日はよく引きこもるようになりましたw

様々な意見がありましたが、通信環境によっては、通信速度が遅くなったり、速くなるようです。そのため、使ってみないと分からない……と思いますが、ちょっパヤ!ネットは契約期間がないプロバイダですので、使って満足出来ない場合は、解約をするということも出来ます。初回契約時に3ヶ月分の料金を前払いが必要ですが、それ以外の追加料金は発生しません。

3. ちょっパヤ!ネットのプランとオススメ回線の料金比較

 

ちょっパヤ!ネットではどのようなプランが提供されているのか、確認していきましょう。料金を比較して、どれが自分に1番合っているプランなのか確認してみてください。

3-1. 接続サービス料金

サービス名 初期費用 月額費用(税込)
Home ベーシック ビジネス
フレッツ接続プラン 動的IP 0 2,366 5,092 10,131
固定IP 3,395 6,121 11,160
v6プラスプラン 2,366 - -
マルチIPプラン(8IP) キャンペーン中無料 5,142 10,285 20,571
マルチIPプラン(16IP) 9,257 18,514 36,000

特に固定IPが必要ないという人は、v6プラスプランで契約するのがおすすめ。v6プラスプランとは、IPv6  IPoE接続でインターネット通信ができるサービスのこと。詳しくは次の項目で説明しますが、簡単に言うと回線の混雑を避けてインターネット通信が出来るため、安定した通信速度でインターネットをすることが出来ます。

ちょっパヤ!ネット対応回線

光ネクスト
  • ファミリー/マンション…対応可能
  • ギガライン…ファミリー/マンションともに対応可能
  • スマートタイプ…ギガファミリー/ギガマンションともに対応可能
  • ハイスピード…ファミリー/マンションともに対応可能
  • スーパーハイスピード隼…ファミリー/マンションともに対応可能
光プレミアム
  • ファミリー/マンション…対応可能
    ※西日本で提供されていた、光プレミアムは2019年1月13日に終了します。そのため現在は新規受付を終了しています。
Bフレッツ
  • ファミリー/マンション…対応可能
  • ハイパーファミリー…対応可能
  • ニューファミリー…対応可能
    ※NTTで提供されていた、Bフレッツは2020年1月31日に終了します。
    そのため現在は新規受付を終了しています。
その他
  • フレッツADSL…対応可能
  • 光コラボ回線…対応可能(独自回線は不可)

対応回線をザッと紹介させていただきましたが、自分が使っている回線はありましたでしょうか?自分の回線がもしあれば、プロバイダだけ乗り換えることも可能なので、検討してみませんか?

 

3-2. その他オプション

  • 追加メールアドレス…月額308円で追加のメールアドレスを発行が可能
  • セカンダリDNS…設定追加/変更手数料 1回追加・変更毎に1,029円(初回無料)
           …セカンダリ維持管理費 月額308円 1つのドメインは無料
  • 逆引き設定…設定追加/変更手数料 1回追加・変更毎に1,029円
  • 再請求手数料…再請求毎に540円
  • 会員証再発行…再発行毎に308円

3-3. 注意点

ちょっパヤ!ネットで利用されるプランは、フレッツ接続プランかv6プラスプランを利用するユーザーがほとんどです。そのため、この2つのプランを契約する際には、気をつけなければいけないことがあります。

「フレッツ接続プラン」と「v6プラスプラン」は、契約した際初回のみ3ヶ月分の利用金額が請求されます。先に3ヶ月分前払いという形になるのですが、もし何かしらの都合で3ヶ月以内に退会しても、残りの金額は返金されません。
契約する前は、必ず計画を立てて始めるようにしましょう。

4. ちょっパヤ!ネットの回線速度とネット環境(v6プラスプランなら早い!?)

 

実際にちょっパヤ!ネットの回線速度はどうなっているのか、徹底的に調べてみることにしてみました。ちょっパヤ!ネットが推している「v6プラスプラン」というのを例に、どういった通信体制なのか見ていこうと思います。

4-1. v6プラスプラン

v6プラスプランは最大通信速度が約1Gbpsと、現在の通信業界では高い部類に入る通信速度です。下りが200Mbpsまでしか出せない従来の通信方法であるPPPoE方式というものではなく、IPoE方式とういう通信手段を使っているため高い通信速度が出せます。

 

v6プラスプランは、全国で使えるため東日本/西日本のNTTを利用していても、問題なく使うことができるのです。そしてv6プラスプランを契約したら、面倒な初期設定は遠隔操作で開通処理をしてくれるので、自動的に接続して開始してくれます。機械操作が苦手だったりする人には、嬉しいサービスですね。

4-2. v6プラスプランに入る条件

  1. NTTの回線を使用していること
  2. 専用のホームゲートウェイ(ルーター)を使用している
    専用ホームゲートウェイ(ルーター)一覧
    RT-S300シリーズ PR-400シリーズ PR-500シリーズ
    PR-S500シリーズ RV-440シリーズ RT-500シリーズ
    RV-S340シリーズ RT-400シリーズ RS-500シリーズ
  3. 他社のIPoE6を利用していない→公式サイトでチェックすることができるので、もし不明ならば試してみましょう。

 

3つの条件をクリアすることができれば、v6プラスプランを契約することができます。自分の回線・ルーター・通信方式がどうなっているのか、確認してみましょう。

4-3. IPv6とは

現在インターネットを使用する上で、各家庭・回線で1つのIPアドレスを使用してインターネットを使用しています。主流としては「IPoE4」がよく使われていて、管理しているIPの数は34億個以上と言われています。普通にインターネットを閲覧するだけならほとんど問題ないのですが、オンラインゲームなどのような共有してサービスを行うものは、特殊な対応をしなければいけません。そのためのIPアドレスが、IPoE4ではストックが足りなくなってきています。そのため、新たに開発されたのがIPv6なのです。

 

IPoE4は32ビット(0と1が32個集まって数列を作ること)でIPを管理していました。IPv6に至っては128ビットで管理します。単純にIPoE4の4倍にあたりますが、表現できる数が3,400澗(かん)。桁にすると39桁という数値になります。世界人口より29桁も多い数字なので、これだけの数のIPがあれば混雑するなんてことは有りえませんね。

 

39桁の数があれば、IPv6はIPoE4と比べ物にならないくらい通信の余裕が生まれます。そのため通信による動作の不具合が、グッと減ることが予想されます。しかしIPv6はIPoE4と全く違う仕組みのため、専用のルーターでなくては動作できません。そのため、契約時に専用のルーターがあるかどうか調べないといけなくなっています。

 

5. ちょっパヤ!ネットへの申し込み方法

 

ここからは、ちょっパヤ!ネットに申し込む際に確認しておくこと、利用するまでの流れを紹介したいと思います。申し込むときになって迷わないように、参考にしてみてください。

5-1. 事前に確認するべきこと

支払い方法

ちょっパヤ!ネットへ支払いをする方法は2点あります。

  • クレジットカード払い
    VISA、MasterCard、JCB、American Express、ダイナースカード 5種類のカードが使用可能
  • 口座振替
    都市銀行、地方銀行、信金、JA 各金融機関にて振替可能

 

口座振替は、ちょっパヤ!ネットのサイトにてどこの金融機関で振替が可能か確認することができます。全国の地方銀行はある程度網羅していると思いますが、もしなければゆうちょ銀行やみずほ銀行など、全国で使える金融機関の口座を利用しましょう。

プラン内容の確認

ちょっパヤ!ネットは先程紹介したとおり、細かくプランが分かれています。4つのサービスに3つのタイプ(Home、ベーシック、ビジネス)が組み合わさリ、10以上のプランが用意されていて、さらにオプションなども細かく設定することができます。契約するときは、最初に専用のメールフォームで受付をするのですが、プランごとにメールフォームが分かれています。メールの送信先を間違わないように、プランは先に決めておきましょう。

回線の契約

プランの内容を確認できたら、次は回線を用意しましょう。NTTの回線がないとちょっパヤ!ネットは契約することができません。もし先に回線を開通している方も、光コラボを利用していたら注意が必要です。光コラボの中でも、独自の回線を使っている業社の回線ではちょっパヤ!ネットを入れることができないからです。auひかりやNURO光など、独自の回線を使用している方はNTTの回線に変更する必要があります。

 

他社のプロバイダと契約している方も、ちょっパヤ!ネットと契約するまでに解約はすませておきましょう。

5-2. 利用開始までの流れ

ちょっパヤ!ネットを始めるまでの流れを、順番に説明していきたいと思います。

 

  1. 公式サイトにある専用のメールフォームから申し込む
    自動返信でメールが返ってくるので、内容に間違いがないか確認しましょう。公式サイトへはこちらから
  2. 事務局で内容が確認でき次第書類が送られてくる
    契約に必要な書類が送られてくるため、中身を確認し記入しましょう。
  3. 書類が完了したら返送する
    支払い方法などを記入し、全て書き終えたら書類を返送します。事務局で確認ができたらまたメールがくるので返事を待ちましょう。
  4. ご利用案内のメールが来たら案内に沿って開始
    ちょっパヤ!ネット側で手続きが完了したら、利用開始のメール案内が来ます。v6プラスプランなら遠隔で開通処理をしますが、それ以外のプランは自分でネットの接続・メールアドレスの設定をして始めましょう。

申し込みから開始までは、以上の4項目に沿って始めていきましょう。確認するべきことや、申し込みまでの流れは以上になります。次に、もしちょっパヤ!ネットが自分に合わなかったときや何かしらの理由があり、退会をしなければいけなくなった方のために、退会の方法を紹介したいと思います。

6. ちょっパヤ!ネット退会方法について

ちょっパヤ!ネットを退会するときは、申し込みと同じ様にメールフォームからの申請が必要になります。会員サポートの退会手続きから、申請をしましょう。退会については、退会を希望する前月末までに連絡をする必要があるため、早めに対応するようにしましょう。

 

ちょっパヤ!ネットは、契約期間がないので退会時にかかる料金はありません。ただし、「料金滞納・未納の際は退会ができない」ので料金の支払いがちゃんとできているか、解約前に確認しておくようにしましょう。

まとめ

バルーンと女性とPC

ちょっパヤ!ネットは、速度制限がないプロバイダとして、人気が出てきているプロバイダです。速度制限は夜間、回線が混雑している時に起こるのですが、ちょっパヤ!ネットは、混雑時でも通信制限を受けることがないので、他のプロバイダより速い通信でインターネットが出来ますよ。

 

また、回線の混雑を避け安定した通信速度を実現する「v6プラス」にも対応しているため、快適なインターネット環境を手に入れることが出来ます。「動画が急に遅くなった……」「オンラインゲームで遅延が良く発生する……」と悩んでいる人は、ぜひちょっパヤ!ネットを検討してみてください。

おすすめの記事