現在の白ロム市場でもっとも大きなイベントというのはsimロックがなくなるsimフリー化の強制です。 simロックというのは、キャリアが出した携帯電話にはキャリアごとに発行しているsimカードしか使う事が出来ないという現在の規制を撤廃して、どの機種の携帯にも使えるようにしようという物です。 このsimフリー化で一番大きな影響を受けるのは格安sim市場と、中古のスマートフォン、つまりは白ロム市場です。 現在の白ロム市場で最も大きな問題はsimロックがある為、購入者が持って居るsimが確実に使えるとは言えないという所に有りそれが利用者の利便性を下げている所があります。 その為simフリー化によって、自分が持って居るsimが使えるようになるため、購入者が増えそれにかかわって白ロムを売る人間も増えると予想されます。

白ロムを購入する際に注意する事

回線契約がなされていない白ロムの購入を考える時に一番注意する事は、俗に灰ロムと呼ばれる物や赤ロムと呼ばれる物の存在です。 まずそもそも白ロムというのは「回線情報が付属してない携帯」の事を差し、逆に付属している物は「黒ロム」と呼び、一般の人が携帯電話と呼ぶものはこれです。 この黒ロムの情報を携帯を紛失して情報を削除せずに解約したり何らかの事情でsimを処分しなかった物などを「灰ロム」と呼び、これはこのままだと再登録できないので譲り受ける前に店に持っていき端末情報の削除をしてもらいましょう。 そして何らかの理由でキャリアから規制がかかっている「赤ロム」というのもあります。これは前の所有者の料金未払いであったり、元々が盗品だった可能性などがあり一種の曰くつきともいえる物です。昨今の一般的な店舗でこれを購入した場合交換などの対応をして貰えるのが一般的ですが、個人オークションの場合はそう言った対応がなされないことも多いので、購入の際はしっかりと確認しましょう。

相場を知ろう

厳格に定義する白ロムというのは「sim方式を利用しない携帯で番号が本体に登録されていない物」と定義されるのですが、昨今ではsimカードが付属しない中古のスマホ全般を指す言葉になってきました。 前者は現在新品はほぼ売られておらず中古市場でしか販売されていない上に、ガラケーでもかなり古い機種が多いので相場としてかなり安めに取引されています。 後者のsimカードが付属しないスマホの場合、値段はピンキリという他無くandroid4世代で美品ともなると一万円を超す物もありますし、android2.2世代では千円程度で取引される物もあります。 ですが全体的な相場としては一万円あれば実用的な物であればおつりが来ますし二万円あればほとんどの物が購入できる程度になっています。

中古スマートフォンの値段の傾向

昨今では中古スマートフォンのことを白ロムなどと呼称する事が多いのですが、全体的な値段としては、新機種でも高性能機あれば一万円を超える事が多いとはいえ、全体的には一万円行かない程度の値段となっています。 傾向としては、現在の市場の主流であるandroid4シリーズを搭載した白ロムは状態によるとは言え高めとなっており、登場初期で現在でもかなりの数が出回っているandroid2シリーズを搭載した白ロムは良い物でも5000円程度の値段で購入する事が出来ます。 androidに比べてiPhoneシリーズは全体的に高めで、一世代前の4やもっと古い3Gでも状態が良い物だと七千円程度する事があり、現在主流の5などは一万五千円程度はする事になります。

どんなものか知る

白ロムとはあまり聞かない言葉ですよね。 白ロムとは携帯電話やスマートフォンの中にあるSIMカードという通話や通信用のカードがないもののことをいう、いわゆる中古の携帯電話のことをいいます。 このSIMカードをないものをSIMフリーと呼び、通信機能のない携帯電話です。 これを扱う人は格安SIMという物を使う人が多いです。 いわゆる2台持ちのことで、通話を片方の携帯で行ない、インターネットやメールなどの機能をもう片方の携帯で行うことを言います。 これの利点は、今まで携帯一個で行っていたことを分割にすることで使用料を安くすることができることです。 月々の携帯電話代が高かったのが、これを使うことにより2000円代またはもっと安く済むことができます

これを使うサービスとはなにか

白ロムを使うことで便利になるものとは、まず機種変更が簡単に済む事ができます。 これはSIMカードに電話番号などの情報が入っていて、これを他の携帯電話に挿すことだけすれば、機種変更ができます。 また、白ロムに格安SIMカードを挿れることにより、通信料を抑えることができます。 またWi-Fiスポットや自宅にWi-Fiがある場合、その場所での携帯の通信料が0円になり、とても安く済みます。 通信自体が安いので浮いたものお金で新しい服などを変えるなどお得なことが多いです。 白ロムは携帯電話のほかにモバイルWi-Fiにもあるので、これらの運用方法を考えると月々の通信料を安く済ませる事ができ、とてもお得です。 白ロムの使用を考えてみてはいいかがでしょうか

白ロムを有効利用

現在では当たり前に活用されるようになったsimカードですが、昔は利用されていませんでした。simカードの担当している事は、個人情報の管理です。端末の電話番号やメールアドレスは、本体に登録されているわけではありません。simカードに個人情報を保存する事で、機種変更の時間を短縮できるようになりました。 simカードが登場する以前は、EPROMと呼ばれる領域に書き込まれていたのです。EPROMは本体内部の回路上に存在しています。よって個人情報の移し換えである機種変更は、自分で行う事ができませんでした。必ず専門ショップや家電量販店を使う必要があったのです。simカードが登場してからは個人で機種変更が行えます。

中古ショップの白ロムが流行

情報が入力されていない携帯電話は、白ロムと呼ばれています。元来の白ロムは携帯電話を販売している場所にしかありませんでした。情報入力は店で行われて個人が持つ時には個人情報の登録は完了していたからです。 しかしsimカードが登場してからは、機種変更を自分で行えるようになりました。そのため白ロムは個人の手を渡るようになり、中古ショップでも扱われるようになったのです。中古ショップで購入した携帯電話を自分で機種変更すれば、正規の方法を使うよりもお金を節約できます。 機種変更の値段の高さのせいで、昔の機種を使い続ける人がいます。しかし経年劣化すれば壊れる事態は避けられません。そのため今後は白ロムを利用した機種変更が流行する可能性が高いのです。

おすすめの記事