ひかり電話は、光ファイバーのインターネット回線を接続する際にオプションとしてセットにすることができる固定電話です。気をつけることとして挙げられる点として、単品では利用することができないため、必ずインターネット回線の契約をしなければいけません。インターネットを利用している方であれば、安い価格で電話を利用することができます。また自宅で光回線が利用できるかどうかを調べる必要があります。利用が可能か調べる方法として、通信会社のホームページでチェックすることが確実な手段です。最近では多くの地域で光ファイバーを利用でき、対応エリアも広がっているためたくさんの家庭で利用され、メジャーな通信手段になっています。

通話料もリーズナブル

ひかり電話の大きな特徴は、インターネット回線を介して通信が行われることです通常の固定電話とは使用している回線が違うため、通話料も安くなる場合が多くなります。通常の固定電話では、市内と市外では通話料が変化しますが、ひかり電話では国内のどこに電話をかけても同一の料金になります。遠方に電話をかけることが多い方は、ひかり電話を契約することにより電話料金の大幅な削減につながります。固定電話とは違い、専用のルータやアダプターが必要となりますが、通信会社が無料で貸し出しているため、利用者の負担にはなりません。インターネットを契約する際に、ひかり電話を利用したいことを伝えるだけで使えるので手軽に回線を引くことができます。

クラウド実機テストに人気

手軽に持ち運べる小さなパソコンと言ってもいいほど高機能化したスマートフォンは、今や生活や仕事に欠かせないツールです。その便利さを支えているのは、多種多様なスマートフォン向けアプリに他なりません。日々新しいアプリが続々と生み出されており、利用価値の高いアプリほど多数の人から利用されています。そんなスマートフォンアプリを開発している人にとって、何百種類と存在する機種ごとの動作の違いは悩みの種です。アプリ画面は機種によって表示が異なる場合も少なくないのです。そうした違いを把握してアプリの完成度を高めるためにも、実機を使ったテストは欠かせません。現実を見ると何年も前に発売された古い機種から発売直後の新機種まで、数えきれないほどの機種が存在します。それらの実機すべてを自分で揃えるのは言うまでもなく困難です。そうしたことから多くのアプリ開発者は、実機検証サービスを利用してアプリのテストを繰り返すことになります。中でも最近増えてきたクラウド実機検証サービスが人気を呼んでいます。PCのWebブラウザ画面を使ってスマートフォンの実機と同じ仕様でのアプリ検証ができるため、効率的な作業が可能になったのです。

付加サービスもポイント

多くのクラウド実機検証サービスの中から選ぶ決め手となりそうなのは、まず対応機種の数という点です。テストできる機種が多ければ多いほど、実機検証の精度も上がります。特に発売されたばかりの新機種にどれだけ早く対応してくれるかという点は重要です。実機検証サービスの中にはさまざまな付加サービスを用意しているところも少なくありません。中でも便利なのが、アプリ開発環境と検証ツールとの連携機能です。普段使い慣れた開発環境の下で検証を行ないながら、UXなどの改良点を微調整していくといった使い方が可能になるのです。中にはどうしても端末そのものの実機で検証しなければ納得できないという人もいます。そんな人は端末のレンタルサービスを利用するといいでしょう。用意された端末数もクラウドサービスより多い点がレンタルサービスのメリットです。検証センターを借りてテストする方式の他、端末貸出方式や実機検証委託サービスまで目的に応じたサービスがあります。自分のスキルに合わせた最適なサービスを選ぶことで、アプリの完成度も上がっていくものです。効率的な実機検証を重ねた末に、多くの人から利用される便利なアプリが誕生するのです。

会社で必須となる設備

会社を起業してオフィスを構える場合には、オフィス用の机や椅子のほかにビジネスホンが必要となってきます。ビジネスホンは外部の人との電話に使うほかに、内線で社内に電話を回すことができるメリットが生まれてきます。そのため、各社員に1台のビジネスホンの設置が必須となってきます。しかし、起業して間もない会社では、初期費用を大きく掛けられない面が出てきます。そこで、ビジネスホンのリースを使うようにすると、費用を掛けずに設置をすることが可能となります。ビジネスホンのリースは専門の業者で取扱いがあります。また、リース業者ではビジネスホンの設置業務も行っています。そのため、リース会社の1社に依頼をするだけで、オフィスにビジネスホンを設置することが可能です。

企業による導入方法の違い

新規のオフィスにおいてリースのビジネスホンを利用する場合には、毎月のリース代が掛かってくることに注意をする必要があります。そのため、長期で利用することが決まっているケースでは、ビジネスホンを購入してしまった方がお得になります。購入する場合には新品と中古品のどちらかを選びことができますが、中古にすると安く導入ができます。しかし、ベンチャー企業などで事業が軌道に乗っていない場合には、ビジネスホンのリースを活用した方が良い面が出てきます。もし、事業を止める場合にはリース契約を打ち切るだけですむからです。また、事業が軌道に乗っていて、今後はオフィスを移る可能性がある企業でも、リースを利用した方が無難と言えます。

家計に優しい通信

携帯と言えば、大手三社が挙げられます。携帯は昔は0円などという時代もありましたが、今は本体代が高く、分割で買う時代です。また、2年縛りと呼ばれるものも普通で、解約の際には解約時期を逃すと解約金を取られます。郵政も民営化し、電力も自由化となった今、通信はどうかというとこちらも徐々に自由化の波が押し寄せています。MVNOという言葉も最近よく見聞きするようになりましたが、これは通信も自由に選んでいい時代がやってきたと言えるでしょう。MVNOの特徴としては、何と言っても大手よりも通信費が安いということ。SIMフリーカード対応の携帯を今持っているのであれば、SIMカードを通信会社から購入し、月々自分に合ったプランを申し込むだけで済みます。

通信費削減のために

MVNOの会社は現在増えていて、どれを選んだらよいか迷う人は多いですが、自宅にインターネットを引いているひとであれば、その会社が行っている場合があるので、調べてみると良いです。MVNOでは携帯端末もセットで売っているところもあるので、SIMフリーカード対応の携帯でない場合はセットで購入した方がお得です。通話もつけられるプランがありますが、通話料にかんしては昔の電話代と一緒で、かけた分だけ支払う形になります。あまり電話をせず自宅にwi-fiがあるような人はMVNOに乗り換えた方が通信費は安くなります。通信速度を気にする人もいますが、基本的には大手の携帯電話会社の電波を使っている会社がほとんどなので、通信速度はそれほど気になりません。様々なMVNO参入会社から、自分に一番合ったプランを選ぶことが大切です。

おすすめの記事