どこの回線会社と契約しようかとインターネットで調べているとき、頻繁に「プロバイダ」という言葉を目にしてはいませんか?

インターネットや通信がよくわからない方は、

プロバイダとは一体どんなものなの?」

「プロバイダは必要なの?不要なの?」

「どんなサービスがプロバイダにはあるの?」といった疑問があると思います。

そういった疑問をお持ちの方はぜひこちらの記事を読んでみてくださいね。

プロバイダを理解すると、お得にインターネットを利用することができますよ。

プロバイダとは?

「プロバイダ」とは、インターネットと回線をつなぐ役割を担っている、インターネット接続業者です。

正式名称は「インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)」、略して「ISP」とも呼ばれます。

プロバイダは「インターネットの入口」といわれている通り、インターネットを利用する上では欠かせないものなのです。

プロバイダはたくさん種類があり、回線によってどこのプロバイダと契約できるのかが異なります。

例えば、フレッツ光の場合は、下のようなプロバイダと契約することができます。

@nifty ASAHIネット  BB.excite  BIGLOBE DTI
hi-ho  OCN ぷらら So-net WAKWAK

ちなみにこれらのプロバイダは、フレッツ光の「プロバイダパック」に対応しているプロバイダなので少ないのですが、プロバイダパック以外であればもっと数多くの選択肢が生まれます。

フレッツ光やdocomo光は好きなプロバイダを選べることができますが、「ここのプロバイダと契約しなきゃダメ!」といった感じで、プロバイダを固定している回線会社もあります。

プロバイダを固定している回線会社の代表例は、ソフトバンク光です。

ソフトバンク光はYahoo!BBというプロバイダのみとしか契約することができません。

プロバイダが固定されている場合、プロバイダにこだわりがある人にとってはデメリットになります。

しかし、特にプロバイダにこだわりがない人は、プロバイダ選びで悩む必要がなくなるというメリットになります。

また、プロバイダはぞれぞれ異なるキャンペーンやサービスなどを行っています。

キャッシュバックの金額が大きかったり違約金を負担してくれたり月額の料金が安くなったりといったキャンペーンやサービス内容の違いで差別化を図り、顧客を獲得しているのです。

そのため、良いプロバイダを選ぶことで、お得にインターネットを利用することができるのです。

これまで、料金に差が出ることは理解できたとは思いますが、通信速度に差があるのか気になりますよね。

基本的にプロバイダで通信速度に変化はありません。

例えば、異なるプロバイダを通して、フレッツ光に契約した方がAさんとBさんがいるとします。

AさんとBさんが契約したプロバイダは異なりますが、利用している回線はフレッツ光には変わりありませんよね。

回線が同じということは、通信速度も一緒なのです。

もちろん、機器が新しいものか古いものかや自宅周辺の環境によって通信速度が変わりますが…。

そのため、通信速度は気にせずにプロバイダを選びましょう。

プロバイダって必要なの?

はてな

「プロバイダは必要なのか、不要なのか」といった疑問ですが、結論からいうと、インターネットを利用するにはプロバイダ契約が必要です。

プロバイダと契約するということは、プロバイダ利用料金を支払う必要があります。

「うちは、プロバイダにお金を払っていないのにインターネットを使っているよ!」と驚いている方がいるかもしれません。

最近では、「回線会社と契約すると、プロバイダとも契約したことになるパターン」や、「プロバイダと契約すると、回線会社とも契約したことになるパターン」があるので、プロバイダと契約していると自覚していない方が多いのではないでしょうか。

プロバイダにお金を払っていないと思っている方は、回線会社に払っている料金に、プロバイダ利用料金も含まれているのです。

WiMAXやWiMAX2⁺について調べていたら、よく「プロバイダ不要」と書かれているサイトを見かけることが多いと思います。

その「プロバイダ不要」の意味も、プロバイダ利用料金がWiMAXやWiMAX2⁺の月額利用料金に含まれているということと同じ意味なのです。

プロバイダのサービス

メール

プロバイダの主要サービスはインターネットの接続ですが、その他のサービスも充実しています。

  • メールアドレスを利用可能
  • 迷惑メール対策
  • ウイルス対策サービス
  • NTTの無線LAN接続サービス
  • ホームぺージサービス
  • ブログ開設サービス
  • IP電話
  • 光ケーブルテレビ
  • WEBフィルタリングサービス
  • 海外ローミングサービス

といったサービスがあります。

各プロバイダによってサービス内容は異なりますし、無料で利用できるものや有料のものなど、さまざまです。

自分にあったサービスを利用できるプロバイダを選びましょう。

まとめ

タブレット

プロバイダの意味を理解できましたか?

プロバイダによってキャンペーンやサービスの内容は異なります。

そのため、プロバイダ選びを疎かにせず、きちんと調べて選ぶ必要があります。

みなさんも自分に合ったプロバイダを探しましょう!

おすすめの記事