「ポケットwifiの通信速度が遅い!」

「そもそもポケットwifiがつながらない!」

 

ポケットwifiを使用していると、このような悩みがあるのではないでしょうか?

ポケットwifiが遅い・つながらないといった原因はさまざまです。

再起動すれば簡単に直ることもありますが、もしポケットwifiの本体に問題がある場合は、買い替える必要があります。

そこで今回は、ポケットwifiが遅い・つながらない原因と解決法をご紹介するので、ぜひ試してください。

また、何をしてもポケットwifiが直らないから回線業者自体を変えたいという方のために、おすすめのポケットwifiもご紹介します。

それではまず、ポケットwifiが遅い原因をチェックしましょう。

 

【「ポケットwifi」=「モバイルwifiルーター」】

ポケットwifiとは、ワイモバイルの登録商標なので、ワイモバイルのモバイルwifiルーターのことを指しています。

そのため、他社のモバイルwifiルーターのことをポケットwifiとは呼ばないのです。

しかし、多くの方が他社のモバイルwifiルーターのことをポケットwifiと認識しているため、

こちらの記事でも、モバイルwifiルーターのことをポケットwifiと表記させていただきます。

ポケットwifiの通信速度が遅い原因と解決法

ポケットwifiの通信速度が遅くなる原因を全部で5つご紹介します。

少しでも自分に当てはまると思った方は、解決策を試してくださいね。

 

原因1. 速度制限にかかっているから

イライラ

まず第一に考えられるポケットwifiが遅くなる原因は、速度制限にかかっているからです。

そもそも、ポケットwifiに速度制限があることをご存知でしたか?

ソフトバンク光やドコモ光、NURO光といった固定回線には速度制限はないのですが、

持ち運びが可能なポケットwifiには速度制限があるのです。

そのため、契約している通信データ量(GB)を超えてしまうと速度制限がかかってしまい、ポケットwifiの通信速度が遅いと感じるのです。

速度制限にかかっているときの解決法

速度制限がかかっている場合の解決法は、「追加料金を払う」「プランを見直す」の2つです。

すぐに速度制限を解除したい場合は、追加料金を支払うしかありません。

ちなみにUQWiMAXの場合は、通信データ量100MBは税抜200円、500MBは税抜500円で販売されています。

「追加料金を払いたくない」

「いつも速度制限にかかってしまう」

このような方は、プランの見直しをおすすめします。

今契約している通信データ量では、1ヶ月間満足してインターネットを楽しめない場合は、契約内容を変更して通信データ量を増やしましょう。

 

通信データ量を気にせず動画を見たり、インターネットを楽しみたいという方には、ポケットwifiの無制限プランをおすすめします。

無制限プランがあるポケットWiFiはWiMAXとワイモバイルのみです。

ソフトバンクとドコモにはないので注意しましょう。(auはWiMAXを扱っています)

しかし、無制限といっても3日間の使用データ量が合計で、10GBまでという制限があります。

10GBを超えてしまうと、通信速度が1Mbps になってしまいますが、この速度はYouTubeを標準画質で見ることができるスピードです。

そのため、無制限プランで速度制限で速度制限がかかったとしても、今までよりも十分インターネット使えます。

ちなみに無制限プランではなく、契約している通信データ量を超えた場合にかかった速度制限は、インターネットのページすらまともに見ることができなくなる128kpbsという通信速度です。

多くの方体験している速度制限は128kpbsという速度であると思われます。

 

この制限について詳しく知りたいという方は、下記のサイトをご覧ください。

 

 

原因2. 使用しているエリアの問題

山 電波

ポケットwifiの回線はエリアによって通信速度が速かったり遅かったりします。

都会でポケットwifiを使用している場合は、通信速度に安定性とスピードがあるので、とても快適にインターネットができます。

しかし、田舎や山岳地帯はポケットwifiに電波が入るにくく、通信速度が遅くなってしまうのです。

そもそもサービスエリア外である場合は通信速度が遅いどころか、ポケットwifiにつながりません。

使用しているエリアが問題のときの解決法

頻繁にインターネットを使用する場所が、サービスエリアの範囲内なのかを確認する必要があります。

サービスエリア外であったり、通信速度が遅い回線にしか接続できないエリアの場合は、ポケットwifi自体を変更する必要があります。

変更する際にも、必ず公式サイトを見て、頻繁にインターネットを使用する場所がサービスエリア内にあるのかを確かめましょう。

原因3.他の電波と干渉しているから

カフェ

電子レンジや冷蔵庫、ワイヤレスイヤホン、ワイヤレススピーカーといったものがポケットwifiの近くにあると、通信速度が遅くなる原因となります。

なぜなら、これらの家電や電子機器はポケットwifiの周波数と同じ、2.4GHzが主に使用されているからです。

同じ周波数を使用していたら、電波が干渉してしまい、通信が遮断されてしまうことがあります。

また、カフェやレストランなどのwifiスポットがある場所では、多くの電波が飛んでいるので、電波干渉が起こる可能性が高いです。

電波が干渉したときの解決法

ルーターの近くに家電や電子機器がある場合は、ルーターの周波数を5GHZモードに変更しましょう。

ルーターが古すぎなければ、ほとんどが2.4GHzと5GHzの2つの周波数に対応しています。

5GHzという周波数を使用している家電や電子機器は少ないので、電波干渉を避ける事ができます。

しかし、必ずしも5GHzが良いというわけではありません。

5GHzは電波干渉が起こりづらく、通信速度が速いというメリットがありますが、壁や床といった障害物に弱く、通信可能な距離が短いというデメリットもあります。

逆に、2.4HGzは電波干渉が起こりやすく、通信速度が遅いというデメリットがありますが、障害物に強く、通信可能な距離が長くてもつながるというメリットがあります。

必ずしも5GHzが良いわけではないことを頭に入れておきましょう。

 

原因4. ルーターの問題

買い物

ポケットwifiルーターはとても進化が速く、最新機種と古い機種では性能に大きな違いがあります。

例えば、2016年の7月に発売されたWiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W03」の下り最大通信速度は220Mbpsでしたが、2018年の1月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT W05」の下り最大通信速度は758Mbpsです。

2年も経たないうちに、これほど対応可能な通信速度に変化が見られます。

そのため、古いルーターでは思うような通信速度が出ないことが多いのです。

ルーターに問題があるときの解決法

ルーターに問題があるときは、新たなルーターを購入しましょう。

最新のルーターであれば最大通信速度だけでなく、ルーターが小さく、軽くなっているため、持ち運びにとても便利です。

しかし、最大通信速度は決してその数値通りの通信速度になるとは限りません。

周辺環境やその他の機器などの影響で通信速度は変化するということを覚えておきましょう。

 

原因5. 回線業者の問題

業者

回線利用者が増加すると、回線が混雑してしまうので、通信速度が遅くなってしまいます。

質の良い回線業者であれば、設備を強化し、利用者が増えたとしても素早く対応可能です。

しかし、質の悪い回線業者の場合は設備の強化が遅れて、通信速度が遅いという状況が長引いてしまうのです。

基本的に大手のソフトバンクやドコモ、au、UQ、ワイモバイルではそのような心配はありません。

しかし、基地局に通常よりも多くのアクセスが集まってしまうと、ポケットwifiを販売する大手でも通信速度が遅くなってしまうことがあるのです。

また、メンテナンスをしていたり、障害が発生していることが通信速度を遅くしている原因の場合もあります。

回線業者に問題があるときの解決法

メンテナンスをしていたり、障害が発生していたりする場合は回線業者の公式サイトで情報収集して、復旧するまで待つしかありません。

また、大手以外のポケットwifiを使用していて、常に通信速度が遅い場合は回線業者を変更をすることで通信速度が改善されます。

おすすめのポケットwifiは後ほどご紹介しますね。

そもそもポケットwifiがつながらない原因と解決法

「電波はあるのにwifiがつながらない」という方は、これからご紹介する解決法を試してみてください。

原因1. ルーターや使用機器の不具合

パソコン

ポケットwifiの設定や電波状況に問題がない場合は、使用している機器に問題があるかもしれません。

ルーターだけでなく、スマホや携帯電話、パソコンが何かしらの不具合を起こしている可能性があります。

ルーターや使用機器の不具合のときの解決法

ルーターやスマホ、携帯電話、パソコンなどの機器を一度再起動してください。

再起動するだけでwifiにつながるケースが多々あるので、ポケットwifiが遅い・つながらないという問題が発生したときは、とりあえず使用している機器を再起動してみましょう。

原因2. ルーターと接続デバイスのSSIDが違う

パスワード

SSID(無線LANで使われるネットワークの識別子)が正しく接続されていないいことが、ポケットwifiがつながらない原因かもしれません。

ちなみに、先ほど電波の干渉でも触れた2.4GHzと5GHzは別のSSIDです。

いつも接続しているSSIDではないものに接続していることでポケットwifiがつながらなくなっている場合があるのです。

SSIDが異なるときの解決法

wifiの設定ページから正しいSSIDであるかを確認しましょう。

もしポケットwifiのSSIDやいつもと異なるSSIDに接続している場合は、本来のSSIDに接続し直しましょう。

そうすることで、wifiがつながるかもしれません。

原因3. 接続デバイスのセキュリティ対策ソフトに引っかかっている

セキュリティ

ウイルス対策のためにセキュリティソフトをインストールしている方が多いと思います。

しかし、そのセキュリティソフトがポケットwifiの通信を危険なものと判断し、wifiにつながらないようにしている可能性があるのです。

セキュリティソフトに引っかかっているときの解決法

セキュリティソフトに引っかかっている場合は、一度セキュリティソフトを解除してから、wifi設定をし直しましょう。

以上の解決法を試しても繋がらない場合は、ポケットwifiが遅いときの解決法も試してみましょう。

 

どこのポケットwifにすれば良いの?

ルーター

「何をしてもポケットwifiの通信速度が遅いまま!」

「ポケットwifiにつながらない!」

といった場合は、ポケットwifiそのものを変えましょう。

どこのポケットwifiにしたら良いかわからないという方のために、いくつかポケットwifiをご紹介しますね。

WiMAX

UQコミュニケーションズがサービスを提供しているWiMAXは月額料金の安さや対応エリアの広さ、通信速度の速さといった、ユーザーが気になる項目で高い評価を受けています。

また、多くのプロバイダもWiMAXを提供しているので、高額なキャッシュバックを受け取りたいと考えている方にとてもおすすめのポケットwifiです。

UQコミュニケーションズの公式サイトから申し込むと、キャッシュバックはありませんので、その点はご注意ください。

しかし、UQコミュニケーションズは電話対応サービス定評があるので、ポケットwifiのサービス自体がよくわからないという初心者の方はUQコミュニケーションズの公式サイトから申し込むと安心でしょう。

さらに、WiMAXには無制限プランもあるので、動画を頻繁に見る方やインターネットをよく利用する方には特におすすめのプランです。

ワイモバイル

ワイモバイルにはWiMAXと同様に無制限プランがあります。

しかし、無制限プランに対応しているエリアがWiMAXよりも狭いため、実際に無制限プランを利用できる人は限られてしまうのです。

また、契約年数が3年のプランしかないので、解約金を支払うリスクが高くなります。

そのため、現状はワイモバイルよりもWiMAXが優れているといえます。

ドコモ

ドコモのポケットwifiは通信可能なエリアが広く、つながりやすいというメリットがあります。

しかし、ドコモのポケットwifiは無制限プランがなく、月額料金も高額です。

そのため、あまりおすすめのポケットwifiとはいえません。

しかし、自宅がWiMAXやワイモバイルのエリア外である場合はドコモのポケットwifiと契約するという選択肢もあります。

ポケットwifiはWiMAXがおすすめ

最もおすすめのポケットwifiはWiMAXです。

・無制限プランがある

・月額料金が安い

・プロバイダ経由だとよりお得になる

・契約年数を2年か3年か選べる

というように、WiMAXは他社よりも優れているところが多々あります。

また、WiMAXには「Try UQ WiMAX」というサービスがあり、このサービスを利用すると15日間無料でWiMAXを試すことができます。

「自宅や頻繁にインターネットを使う場所で、ちゃんとつながるのか」

「インターネットや動画をサクサク見ることができるのか」

「持っているスマホやパソコン、ゲーム機に接続できるのか」

といったことを「Try UQ WiMAX」の体験中に試すことができます。

そのため、契約前に利用することをおすすめします。

Try UQ WiMAXを利用した口コミ

 

 

一度契約したら、気軽に解約できないので、慎重にポケットwifiを選んでいました。
そしたら、WiMAXを試せるサービスを見つけたので、早速申し込んでみました。
特に不満点はなく、サイトの読み込みも早かったので、WiMAXに決めました。

口コミ

 

以前の失敗を繰り返さないために、今回はしっかりと試してからポケットwifiを選ぶことに!
WiMAXがなにやら体験サービスをやっているとのことだったので、ちょうどいいと思って申し込みました。
自宅の通信速度だけでなく、職場やジムの周辺でもインターネットがサクサク動くことを確認できて良かった!

口コミ

 

ポケットwifiを快適に使おう

スマホ

ポケットwifiが遅い・つながらない原因は再起動すれば簡単に直る場合や、端末や回線業者そのものを変更しなければならない場合などさまざまです。

まずは、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

何をしても直らないという方は、回線業者ごと変えてみてはいかがでしょうか。

ポケットwifiが遅い・つながらないといった原因を見つけて解決し、快適な通信でインターネットを楽しみましょう。

おすすめの記事