今回は、とにかく価格が安いポケットwifiにピックアップして、ご紹介します。

価格が安いポケットwifiは、インターネットをあまり利用しない

ライトユーザーと呼ばれる方におすすめです。

 

今現在、光回線を使用しているが、

1Gbps もの高速通信である必要がないと思っている方や

光回線の月額料金は高いと思っている方は必見です。

 

是非この機会に、光回線よりも価格が安いポケットwifiに乗り換えましょう。

ライトユーザーにはポケットwifiがおすすめ

テレビと酒

 

インターネットをあまり利用しない方や、一人暮らしをしている方におすすめのポケットwifiですが、

特に、下記の項目に複数当てはまる人は、光回線よりもポケットwifiをおすすめします。

ポケットwifiをおすすめする人
・PS4やパソコンでオンラインゲームをやらない 
・YouTubeやNetflixといった動画をあまり見ない
・容量の大きなファイルをダウンロードしない
・外でもパソコンを使用したい
・引っ越しや転勤が多い
・月額料金を安くしたい

ポケットwifiが自分には合っていると思った方は、

ポケットwifiの特徴を確認しましょう。

 

ポケットwifiの特徴

ポケットwifiの特徴といったら、何よりも外でインターネットを利用できるところです。

普段、みなさんが外でスマホを利用するときは、スマホのデータ量を消費してインターネットに接続しています。

しかし、1ヶ月で使用できるデータ量は契約で定められているので、それを超えてしまうと速度制限にかかってしまうのです。

 

また、パソコンを外で使用したい場合は、フリーwifiスポットを探す必要があります。

主にカフェや喫茶店がフリーwifiスポットなので、入店すれば外でもパソコンを使用することができるのです。

しかし、フリーwifiスポットに接続していると、悪質なユーザーからデータを盗まれてしまう可能性があります。

 

そこでおすすめなのがポケットwifiです。

ポケットwifiを使用することで、スマホのデータ量を消費することなく、インターネットに接続することができます。

また、フリーwifiスポットを探す必要がなく、安全にパソコンを使用することができるのです。

 

その他にも、

工事不要だから、工事費がかからず、すぐに利用開始できる

引っ越しをしたとしても対応エリアであれば解約する必要がない

といった特徴がポケットwifiにはあります。

 

ポケットwifiの注意点

動画をたくさん見ないという方には必要のない注意点かもしれませんが、

念のために確認しましょう。

ポケットwifiの注意点は、「速度制限がある」ということです。

ポケットwifiはスマホと同様に速度制限があります。

月間で使用できるデータ量が5GBであったり、7GBであったりと、さまざまです。

このような制限がないプラン=無制限プランとして、

WiMAXのギガ放題やワイモバイルのアドバンスモードがありますが、

実はこれらにも速度制限があるのです。

 

WiMAXとワイモバイルは無制限プランがある数少ないポケットwifiなのですが、

無制限プランといいつつも、3日間の合計で10GB以上使用してしまうと、

ある特定の時間に速度制限がかかってしまうのです。

 

WiMAXとワイモバイルの速度制限について、

もっと詳しく知りたいという方は、下記の関連記事をご覧ください。

とにかく価格が安いポケットwifiを徹底比較

それでは次に、価格が安いポケットwifiをご紹介します。

価格はもちろんですが、その他のサービスやキャンペーン情報を比較して、

自分に合ったポケットwifi見つけましょう。

 

Yahoo!プレミアム会員におすすめ Yahoo!Wi-Fi

Yahoo!wifi

Yahoo!Wi-FiはYahoo!プレミアム会員の方にとって、とてもお得なポケットwifiです。

まずは、価格から確認しましょう。

価格

Yahoo!プレミアム会員であれば、通常3,696円かかる月額料金が2,480円になります。

「そもそもYahoo!プレミアム会員ってなんだ?」と疑問に思う方がいるのではないでしょうか。

簡単に説明すると、Yahoo!プレミアム会員とはYahoo!が提供する有料サービスで、

Yahoo!のさまざまな会員特典を利用することができます。

月額料金は462円なので、ポケットwifiの料金と合計すると、462+2,480=2,942円です。

ポケットwifiを利用できることはもちろん、Yahoo!のさまざまなサービスを利用できて

月額3,000円以内なので、かなり安いのではないでしょうか。

 

キャンペーン

Yahoo!Wi-Fiのキャンペーンには、「Yahoo!プレミアム無料特典」というものがあります。

内容は、Yahoo!Wi-Fiの申し込みと同時にYahoo!プレミアムに新規登録した場合、

Yahoo!プレミアム月額会員費462円が最大6カ月間無料になる特典です。

 

注意点

Yahoo!Wi-Fiのプランは3年契約のものしかありません。

3年契約の場合、解約をする際に違約金が発生しない「更新月」までの期間が長く、

高確率で違約金を支払うことになってしまいます。

ネクストモバイル

mobilenext

ネクストモバイルは、データ容量が豊富で価格は安いというポケットwifiです。

価格

ネクストモバイルの価格は、20GBプランで月額2,760円と非常に安いです。

20GBプラン以外には、30GBプラン(3,490円)や50GBプラン(4,880円)があります。

しかし、ライトユーザーの方であれば、20GBで十分、むしろ多いくらいです。

キャンペーン

ネクストモバイルは「端末代金無料キャンペーン」を行っています。

他社のポケットwifiで発生する端末代金は、初期費用として一括で支払うか、

契約期間中に分割で支払うという形が一般的です。

しかし、ネクストモバイルの端末代金が0円なので、

余分な出費を抑えることができます。

 

注意点

ネクストモバイルの月額料金は、契約してから24ヶ月経過すると高くなります。

・20GBプラン:2,760円⇒3,695円

・30GBプラン:3,490円⇒3,695円

・50GBプラン:4,880円⇒5,815円

 

また、20GBプランと50GBプランの支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替に対応しているのは、30GBプランのみなので、注意しましょう。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは、WiMAXのプロバイダです。

WiMAXはプロバイダ経由で契約すると、とてもお得なのですが、

カシモWiMAXは特に価格が安く設定されています。

価格

カシモWiMAXのプランは大きく分けて、「最安級プラン」と「新端末プラン」の2種類あり、どちらとも期間によって価格が変わります。

そこで今回は、価格の安い「最安級プラン」をピックアップして、表を作成しました。

プラン名 初月 1ヶ月目 2ヶ月~24ヶ月目 25ヶ月目以上
ライトプラン(7GB) 0円 1,380円 2,680円 3,379円
プラン名 初月 1~2ヶ月目 3ヶ月~24ヶ月目 25ヶ月目以上
ギガ放題プラン 0円 1,380円 3,380円 4,079円

2年以内の利用であれば、かなり安くポケットwifiを利用することができます。

キャンペーン

カシモWiMAXは、

・初月月額料金無料

・端末代金無料

・送料無料 と3つのお得があります。

 

注意点

最安級プランでは、対応端末が「Triprouter」というものしかありません。

モバイルバッテリーとして利用できるというメリットがあるのですが、

・下り最大:220Mbps

・連続通信時間:約6時間

と、決して良いスペックとはいえないので、注意しましょう。

さらに安さを求めるなら格安SIMがおすすめ

ポケットwifiをもっと安く使用したいという方には、格安SIMがおすすめです。

格安SIMをSIMフリーのモバイルルーターに差し込むことで、

ポケットwifiとして利用することができます。

格安SIM×SIMフリーモバイルルーターはポケットwifiと同じ機能なので、

持ち運びももちろん可能です。

それでは、格安SIM×SIMフリーモバイルルーターの

メリットとデメリットを確認しましょう。

メリット

good

格安SIM×SIMフリーモバイルルーターのメリットは、主に3つあります。

1.価格が安い

多くの方が真っ先に思い浮かぶメリットは、価格が安いことではないでしょうか。

格安SIMと大手キャリアの料金の違いは明確です。

格安SIMの月額料金は、月5GB前後のデータ通信専用SIMで約1,000円です。

格安SIMの種類やオプションなどによって、価格は変わるのですが、

通常のポケットwifiに支払う月額料金よりは

確実に安いことが格安SIM×SIMフリーモバイルルーターのメリットといえます。

しかし、SIMフりーの端末を自分で用意しなければならないので、

その分の初期費用はかかってしまいます。

SIMフりーモバイルルーターの価格もさまざまです。

5,000円のモバイルルーターがあれば、20,000円を超えるモバイルルーターもあります。

簡単にですが、おすすめのSIMフリーモバイルルーターを3つご紹介します。

日本電気(NEC) SIMフリーモバイルルーター Aterm MR05LN

モバイルwifiルーター

Aterm MR05LNの価格は19,116円(Amazon)と高めなのですが、最大通信速度が375Mbpsと、

高速通信が可能なSIMフリーモバイルルーターです。

格安SIMを×SIMフリーモバイルルーターを長期間利用しようと考えている方にとてもおすすめできます。

Aterm MR05LNの主な特徴
・最大10台までWi-Fi機器を同時に接続可能

・Band1/3/8/11/18/19/21まで対応=ドコモ・au・ソフトバンクの周波数帯

・SIMカードの挿入口は独独自設計のスロット構造で取り出しやすい

・らくらく無線スタート&WPSによる無線LAN設定が、タッチパネルで簡単にできる

・セキュリティ対策もしっかりしていて、複数機器を同時につないでも安心

UQ mobileのWiMAX2+のSIMカードには対応していないので注意しましょう。

 

Geanee SIMフリーモバイルルーター MWR-01-LTE

モバイルwifiルーター

MWR-01-LTEの価格は6,480円(Amazon)と安いので、初期費用を抑えたい方や

格安SIMを長く使うかわからないという方におすすめのSIMフリーモバイルルーターです。

MWR-01-LTEの主な特徴
・最大で10台まで同時接続可能

・LTE通信に対応しているので、都心から郊外まで広いエリア通信可能

・SIMカードを用意し、かんたんな初期設定行うだけで利用可能

・重さ約105gの手のひらサイズなので、持ち運びが簡単

 

ネットギア(NETGEAR) SIMフリーモバイルルーター AirCard AC785-100JPS

モバイルwifiルーター

AirCard AC785-100JPSの価格は9,780円(Amazon)で、

ドコモの回線の格安SIMを使う方や、接続する端末が多い方におすすめのSIMフリーモバイルルーターです。

AirCard AC785-100JPSの主な特徴
・最大15台のWiFiデバイス接続ができる

・スタイリッシュでコンパクトな液晶ディスプレイには使用しているデータ量が表示される

・デュアルバンドwifiに対応

・長時間駆動バッテリー機能を搭載

※AirCard AC785-100JPSはマイクロSIMで、NTTドコモ回線しか対応していません。

つまり、ソフトバンクやauの回線の格安SIMは使えないので、注意しましょう。

2. 縛りがない

ポケットwifiと契約する場合、契約期間が定められているのが一般的です。

しかし、格安SIMには縛りがほとんど存在しません。

つまり、縛りがない格安SIM×SIMフリーモバイルルーターは、

乗り換えたいときに違約金を気にせず乗り換えることができるというメリットがあるのです。

3. 選択肢が多い

格安SIMを提供している会社は知名度のあるところだけでも十数社あります。

そのおかげで、豊富な料金プランから自分に合った内容が見つかるのです。

また、データ量ごとにプランが存在するだけではなく、

通信速度を制限する代わりに毎月の通信可能なデータ量を無制限にしたり、

データ量を家族や他のユーザーとシェアする仕組みがあったりと、

数多くのプランが提供されています。

大手キャリアとは違いライバルが多いので、価格競争が行われているのです。

デメリット

sad

次に、格安SIM×SIMフリーモバイルルーターのデメリットを3つご紹介します。

1. 通信速度が遅くなる傾向あり

格安SIMでは大手キャリアの通信回線の一部帯域借りています。

そのため、多くのユーザーがデータ通信を行う昼休憩の時間帯や夜の時間帯で、

通信速度が低下してしまうことがあります。

質の悪い格安SIMと契約してしまうと、より通信速度が低下する可能性が高まるのです。

そうなると、YouTubeやNetflixといった動画を見るときに、映像が止まってしまうので、

ストレスを感じることが多々あるでしょう。

しかし、メッセージをやり取りやWebサイトの閲覧程度であれば大きな影響はありません。

2. 端末の設定が必要

格安SIMをモバイルルーターに挿入したとしても、すぐに通信することはできません。

購入した格安SIMの公式サイトを見て、初期設定をする必要があります。

決して難しい作業ではありませんが、設定を自分で行う手間がかかってしまいます。

また、格安SIMとSIMフリーモバイルルーターには相性があるので確認しましょう。

一般的なポケットwifiには、既にSIMが挿入された状態で届けられるので、

いちいちSIMのサイズや対応機種などを確認しなくても大丈夫だったのです。

ところが、格安SIMではSIMカードと端末の愛称を確かめなければなりません。

3. サービスが不安

格安SIMを契約する方法は、ほとんどWebサイトからの申し込みです。

実店舗が少ないだけでなく、そもそも実店舗がないこともあります。

そのため、スタッフに直接話を聞くことがあまりできません。

その代わりに、チャットによるサポートが充実しているので、

疑問があった場合はチャットで聞いてみましょう。

ポケットwifiを安く契約しよう

女性 外

価格の安いポケットwifiの代表例として、

・Yahoo!WiFi

・ネクストモバイル

・カシモWiMAX の3つをご紹介しました。

それぞれの特徴を比較して、自分に合ったポケットwifiを見つけましょう。

 

より低価格のポケットwifiを利用したい方は、

格安SIM×SIMフリーモバイルルーターが最適です。

格安SIMを選択する方は、しっかりとデメリットを理解した上で契約しましょう!

おすすめの記事