現在の住まいから引っ越すとなったとき、どのようなことを考えますか?
荷物の移動や、免許や住民票の更新
仕事のことなど、考えることは様々だと思います。

その中でも、今回はインターネット環境のことについて考えていきましょう。

光回線やWiFi環境は、実は引っ越すときにいろいろな申請や各所へ連絡など、やらないといけないことが多くあります。
インターネット環境をそのままにしたい、引っ越しを機に他のキャリアへ乗り換えてみたいなど、いろいろと考えているとは思います。今回は、それらをどうしてけばいいのか分からない方のために、紹介していくので最後まで見ていってくださいね!

WiFi環境を引っ越してもそのまま続けたい

日の当たる部屋

WiFi環境は、現代の人にとってなくてはならないものの1つです。自宅でインターネットを楽しんでいる人は特にそう感じている人が多いでしょう。引っ越しするにあたり、その環境をどのように維持していけば良いのか、方法を紹介させてもらいます。

引っ越してもWiFiはそのまま利用できる?

結果から言えば、引っ越しをしても現在家で使っているWiFiの設備をそのまま移すことは可能です。しかし、どのような機器を使っているかによって方法が変わるので、自分のWiFi環境はどのようなものか確認しましょう。

光回線→WiFiルーターを使用している場合

自宅に光回線を引いて、WiFiルーター等の無線LANからWiFiを飛ばしているという方は、まず光回線を新しい住所へ移転しなければいけません。
そのため新しく回線を入れるために、再度工事をする必要があります。そのためには、契約したプロバイダや店舗、代理店などに連絡を入れて新しく工事の予定を立てましょう。
工事後は現在と同じ様に使うことができます。

WiMAXのようなWiFiルーターを使用している場合

光回線を入れずに、WiFiルーターでインターネット環境を整えている方は、住所変更をすることでそのままWiFiルーターを使用することができます。

電波が届けばそのまま使用することができますが、WiFiルーターは場所によってキャリアの電波が届かないこともあるので、引っ越しをする前にかならず使用可能か確認して下さい。

今の環境をそのまま移設したい

現在のインターネット環境がベストなので、そのまま引っ越し先でも同じ環境にしたいと考える方は多いと思います。
しかし回線速度などは周辺の環境によって変化するので、全く同じ様になるのかは引っ越してみなければ分かりません。悪化することもあれば、現在より改善されることもあります。

機材に関しては同じものを使用することは可能なので、そのまま持っていきましょう。

早い段階で動こう

メンテナンス

光回線を自宅に引いた経験のある方は分かると思いますが、インターネット回線の工事はとても時間がかかります。そのため、引っ越しが決まったら早めにプロバイダなどに連絡を取るなどして、動いておきましょう。

WiFiルーターを使用している方も、もし電波が届かないときは光回線を入れなければいけなくなるので、早めに確認すると今後どうするべきか考える時間ができます。

どちらにせよ住所変更の連絡はしないといけないため、確認事項も含めて契約したところへ連絡は早めにしておいてください。どのようなことを確認するべきか、次の項目で紹介します。

光回線・WiFiを引っ越し先でも使うときに確認したいこと

眼鏡を取る女性

引っ越しをする際に、インターネット回線に関して様々なことを確認しておかなければいけません。ここでは、引っ越し先の住所など最低限知っておきたいことを紹介します。

自分で確認しておくこと

まず始めに、確認しておきたいことをリストアップしてみましょう。リストアップしたものが、どういった理由で必要になるのか説明していきます。

確認リスト
    1.回線は対応しているのか
    2.工事は必要な場所か
    3.転居先住所
    4.引っ越し予定日
  1. 回線は対応しているのか
    最初に確認しておきたいことは、現在使用している回線が引っ越し先でも使用可能な回線か、確かめてみましょう。集合住宅だとどの回線が使用可能か、あらかじめ決まっていることがあります。先に大家さんに聞いて、どの回線を使用しているのか確認しましょう。
    東日本→西日本/西日本→東日本などエリアをまたいで引っ越しをしたときは、回線工事が必須になります。
  2. 工事は必要な場所か
    賃貸か購入かによって変わりますが、回線を室内に引き込むための工事が必要か確かめる必要があります。以前住んでいた人が回線を入れるために穴を開けていたり、どこから回線を入れていたのか知っておけば、工事の時間も少なくて済みます。
    もし引き入れ用の穴がなければ、穴あけの工事が必要になります。
  3. 転居先住所
    意外と忘れがちなのが、転居先の新しい住所です。今までの住所と違うため、すぐには覚えられなかったり、郵便番号が分からないなんてこともよくあります。NTTやプロバイダに新しい住所の届けを出す必要があるので、紙に書くなどをして忘れないようにしましょう。
  4. 引っ越し予定日
    引っ越しの予定日が分からなければ、回線工事の日程も立てることができません。回線工事をしないといけない方は、詳しい日にちを確認しておきましょう。

3大キャリアで契約しているときの継続方法

ドコモ・au・ソフトバンクの光回線を契約している方の、キャリア別引っ越し時の継続方法を紹介します。
ドコモのロゴ

画像参考:https://www.nttdocomo.co.jp/?icid=CRP_common_header_to_CRP_TOP

  • ドコモ
    「ドコモ光」を継続利用するときは、電話もしくは店舗で申し込む必要があります。口頭で確認するため、電話のときは本人確認書類などは必要ありませんが、契約IDなどを聞かれるのであらかじめメモなどに取り用意しておきましょう。
    移転手数料が2,000円かかり、工事費がマンション:7,500円、戸建てが9,000円となっています。東西のエリアをまたいで引っ越しをするときは、また料金に差が出ます。
    auのロゴ

画像参考:https://www.au.com/

  • au
    「auひかり」を継続利用するときは、サイトにある専用フォームから申し込みが必要です。専用フォームに入ると、auIDを使用して申し込むか、使用しないで申し込むかの2種類の方法が選択できます。もしIDを忘れてしまっていても、現在自分が契約している内容や住所などを入力したら問題なく申し込むことができます。
    申し込むと、回線工事の日程のお知らせと宅内機器が後日届くので、工事日当日まで大事に保管して下さい。工事日に機器を設置したら移転完了です。
    登録料はマンション戸建てともに800円で、工事費はマンション:30,000円、戸建て:37,500円となっています。
    softbank光
  • ソフトバンク
    「ソフトバンク光」の継続利用は、電話・ネット・店舗申し込みの3つがあります。電話口・店頭で申し込むときは、契約者の番号や本人確認書類などの準備が必要になります。ネットでの申し込みは、専用のフォームがあるのでそちらから申し込みましょう。
手続き方法 諸経費 その他
ドコモ 電話
店舗申し込み
手数料:2,000円
回線工事費:7,500円
電話申し込みの場合、暗証番号を伝える必要がある。
au ネット 登録料:800円
初期費用(工事費含む):30,000円
回線工事日を決めるまでに1~3週間かかる。
ソフトバンク 電話
ネット
店舗申し込み
手数料:3,000円
工事費:2,000円
工事費0円キャンペーン中

 

プロバイダと回線を別で契約しているときは

多くの場合、プロバイダと回線はセットになって契約するのがほとんどです。そのため、引っ越しのときはプロバイダへ連絡したらすぐ完了することなのですが、別々で契約をしている方はそれぞれに連絡する必要があります。

新しい住所や、引っ越し日を伝える必要があるので、あらかじめ調べておきましょう。

東西のエリアをまたぐときは、解約する必要があるので、自分が登録しているプロバイダや回線業者から詳しい手続きを確認しておきましょう。

光回線・WiFiを継続して続けることのメリット・デメリット

通信

継続して光回線とWiFiを利用することの、メリット・デメリットを紹介します。

それぞれどのような側面があるのか、自分に合っているのか見ていきましょう。

継続利用のメリット

ネット ルーター

  • 再設定の必要がない
    今までと同じ機器を使うのがほとんどなので、面倒な再設定の必要がありません。回線の工事が済めば機器の電源を入れて、これまでと同じ様に使うことができます。
  • 契約内容の変更が必要ない
    契約の内容を変更することなく、今までと契約内容が変わらないため、料金などが上がったりする心配がありません。地域によって金額が変わることはほとんどないので、安心してそのまま使いましょう。
  • 同じ番号・アドレスが使える
    継続利用をした場合、引っ越し先でも同じ電話番号やメールアドレスを使うことができます。解約して新規契約をすると、新しい番号に変わってしまうので、また会社や身内などいろんな人に伝えないといけません。継続利用なら、そんなことをしなくても同じ番号で新居に移れるので、面倒なことはありません。

継続利用のデメリット

契約成立

  • 移転の際に手続きが面倒
    単に引っ越しをするだけでも大変なのに、さらにネット回線の手続きもしないといけないとなると、単純に面倒です。現在の契約内容や、引っ越し先の住所を調べないといけないので、時間を見つけて連絡しましょう。
  • 工事費がかかる
    新規で新たに契約したときもそうですが、引っ越すとなると光回線の場合新たに工事する必要があります。移転工事無料のキャンペーンをしているところは少ないので、工事費はまるまる実費なんてこともあります。
  • 新規キャンペーンが受けられない
    引っ越しで回線を移転すると、新規のキャンペーンが受けられません。当然と言えば当然なのですが、解約して新規入会するとキャッシュバックやその他キャンペーンが受けられることもあるので、その分損と言えば損かもしれません。

思いの外お金がかかってしまう

インターネット回線を移転しようとすると、思いの外料金がかさんでしまうことがあります。上でも紹介しましたが、大手キャリアでも数千~数万円かかるので、一括ではないにしろ月々の支払いが増えてしまうことは間違いないでしょう。

プロバイダや代理店で、移転に関するキャンペーンをしているところを探して、先に契約しておくなどで回避するしかなさそうですね。

乗り換えるとういう方法もある

溢れる電車

ここまでは、光回線やWiFiを継続して利用する方法を紹介してきましたが、他の方法として思い切って乗り換えてしまうということもできます。今まで利用してきたものから変更するのは、少し面倒かもしれませんが、意外とお得になることもあるんですよ。

乗り換えがお得になることも

乗り換えのときは、継続利用のときに受けられなかったプロバイダなどの新規利用キャンペーンを受け取ることができます。
キャッシュバックや、工事費無料などいろいろなものがありますが、プロバイダや回線によって内容が違うので、自分が好きなところを選びましょう。
キャッシュバックやキャンペーンをフル活用することで、継続利用するよりもプラスになるなんてことも、考えられます。それどころか、払った金額よりも戻ってくる金額の方が大きいこともあるので、乗り換えの方がお得になるのです。

デメリット

乗り換え時の大きなデメリットとしては、解約→契約→ネット開通とどうしても時間がかかってしまうことです。その間は光回線やWiFiが自宅で使用できなくなってしまうので、自宅でインターネットを楽しんでいた人にとっては、しばらく長時間のネットが厳禁など辛いことになってしまいますね。
そして、解約してしまうと現在の電話番号やアドレスが使用できなくなってしまうので、会社やその他知り合いに再度連絡して伝えないといけなくなってしまいます。これもまた面倒なことになるでしょう。

それに加え、1からまた契約するので継続利用よりも面倒なことになります。面倒なことが嫌な方は、継続利用の方がオススメですね。

SoftBank Air

SoftBank Airは、自宅に置くタイプのWiFiモバイルルーターです。もし今後引っ越すことがあれば、引っ越しを機にSoftBank Airに乗り換えることをオススメします。

SoftBank Airは、コンセントに差し込むことで自宅にWiFi環境を整えることができるのです。光回線と比べれば通信速度はそこまで早くありませんが、動画やSNSをする程度であれば問題なく使うことができます。

SoftBank Airの使い方

画像参考:https://www.softbank.jp/ybb/special/air/

移転作業も簡単で、ソフトバンクに連絡し住所変更の手続をするだけで、新しい住所ですぐ使えます。回線速度にあまりこだわりがなければ、SoftBank Airに乗り換えてみませんか?

 

 

光回線とWiFiはどのようにして移設するのがベスト?

改めて引っ越しの際にどのようにしたら良いのか、考えていきましょう。継続と乗り換えで、どのようなことになるのかまとめていきます。これらを見て自分にあったもの見つけて下さい。

楽に移設するなら継続

現在の環境をそのまま新居へ移したいのであれば、継続利用を選びましょう。乗り換えと比べて煩わしい手続きは少ないので、時間がなかったり面倒なことが苦手な人は、こちらがオススメです。

注意しないといけないことは、東西のエリア移動や新居が現在の回線が使えないときは、解約し対応しているものへと新規契約をしないといけなくなってしまうことです。

料金はほとんどのキャリアで発生するので、覚えておきましょう。

料金を気にするなら乗り換え

引っ越しで多くの資金を使ってしまい、なるべくネット回線にかける料金を抑えたいと思っている方は、乗り換えを選んでみてはいかがでしょうか。

キャリア・プロバイダ・代理店など様々なところで、新規会員のキャンペーンがやっているので、それらを最大限に活用したら、継続利用するよりも安く済ませることができます。

現在の回線に不満がある人も、引っ越しを機会に乗り換えて環境を変えてみるのはどうでしょうか。
ただし、解約→新規契約と新たにしないといけないので、継続利用と比べて面倒に感じることもあります。

自分に合った方法でインターネットを引っ越ししよう

バランスの悪い運び方

引っ越し時の、光回線やWiFiの移転の方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
キャリアや契約しているプロバイダによって、最適な方法は変わると思いますが、概ね2通りのやり方があることが分かっていただけたかと思います。

引っ越しをするまで、インターネット回線やWiFiの移転について考えることは、あまりなかったと思いますが、自分に合ったやり方は見つけてもらえたでしょうか。

継続利用でも、乗り換えでも、突き詰めてしまえばインターネット回線やWiFi環境をより良くできるかどうかにかかっているかと思います。
自分が思うように、良い環境を手に入れてインターネットライフを楽しみましょう。

おすすめの記事