「モバイルwifiの種類が多くてどれを選んでいいか分からない…」と悩んでいませんか?

実際公式ページで紹介されているモバイルwifを見てみると、どれも料金が安くて、通信速度も速いと書いてあります。しかしこれではどのモバイルwifiがホントに良いのか分からないですよね。

そこで今回は、各社の出しているモバイルwifiの特徴をまとめた後に料金や通信速度等を比較してみました。こうすることで、どれが料金が安くて、使い勝手のいいモバイルwifiなのかを知ることができます。

またモバイルwifiをお得に契約する方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.モバイルwifiはこんな人におすすめ!

そもそもモバイルwifiを使うか悩んでいる人は、モバイルwifiの利点から知っておいた方が良いと思います。そこでモバイルwifiをおすすめできる人の特徴を紹介しますね。

引っ越しをよくする人

フレッツ光やドコモ光等の固定回線だと引っ越しをする時に、解約の手続きが必要になりますが、モバイルwifiは引っ越しをしても、そのまま次の家に持って行くことが可能です。そのため引っ越しをよくする人はモバイルwifiがおすすめですよ。

「引っ越し先では電波が入るのかな?」と心配になると思いますが最近のモバイルwifiは電波が入りやすくなっているので、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

外でもインターネットがしたい人

外出先でパソコンをつかってネットがしたい時、モバイルwifiが役に立ちます。最近ではカフェや休憩スペースで、無料のWi-Fiを提供している場所もありますが、どこでも使えるかというとそうではありません。むしろ全体的に見た時に無料のWi-Fiが使える場所は少ないと思います。また無料のWi-Fiはセキュリティ面も心配です。

その点自分専用のモバイルwifiなら、好きなところでインターネットができますし、セキュリティ面も安心ですよ。

安くでインターネットを使いたい人

フレッツ光やドコモ光などの固定回線と比べると、モバイルwifiは安くでインターネットが使えます。もちろん毎月の利用料金もモバイルwifiの方が安いのですが、一番大きい理由はモバイルwifiだと回線工事が必要ない事です。固定回線の回線工事は2万円ほどするため初期費用が高くなります。しかしモバイルwifiには回線工事がないため初期費用を安くすることができます。

そのためインターネットはお家でしか使わない人でも、モバイルwifiを利用することでインターネットの料金を安くすることができますよ。

海外旅行によく行く人

海外旅行に行く際は、モバイルwifiをレンタルして持って行くことをおすすめします。その時に使用するモバイルwifiは「海外WiFi」と呼ばれるもので、今回紹介するモバイルwifiは国内で使用するものです。

契約内容によっては、海外でも使えるようにできますが料金が高くなるので、レンタルと国内で使うようで使い分けをした方が良いでしょう。

2.モバイルwifiの基本情報

どうでしょうか?モバイルwifiは外に持ち運びができるし、回線工事のないので料金安く使えるのは魅力的です。

では次は気になるモバイルwifiの基本情報について紹介します。

今現在モバイルwifiを出している会社は、5社あります。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • Y!mobile
  • UQコミュニケーションズ

そこで5社のモバイルwifiの基本情報として

  • 基本料金

毎月払う料金のこと。データ量によって変わる場合があります。

  • 最大通信速度(下り)

最大通信速度(下り)とは、端末にデータを読み込むための通信速度のことです。この通信速度が速いと、動画を見たり、サイトを見る時に読み込みが早くなります。

  • 対応エリア

実際にすべての対応しているエリアを書くと多すぎるので、大まかに対応エリアがどのくらい対応しているのかを書きました。

  • 解約料

モバイルwifiには契約期間が決められています。その契約期間が終わった後「更新月」と呼ばれるものがあって、この時以外に解約をすると解約料が取られてしまします。更新月は契約した後にメールやハガキでお知らせがあるので解約する時は「更新月」で解約することをおすすめします。

  • 通信速度制限

通信速度制限の条件は様々ですが、多くの場合は契約したデータ容量を使いきると通信速度が遅くなります。そのためこの通信速度制限がゆるいものを選んだ方が良いです。

ドコモのモバイルwifi

ドコモのモバイルwifiは、ドコモユーザーとそうでない人で料金プランが異なります。ドコモユーザーの人は今持っているスマホの基本料金+1400円で、ドコモのモバイルwifiを使うことができます。しかしモバイルwifiのデータ量はスマホと共有して使うことになります。例えば現在20GBのデータプランを契約しているときは、スマホとモバイルwifiのデータ使用量の合計が20GBまで使えるということです。

そうでない人は、1400円+パケットパックが毎月の料金となります。ちなみに、パケットパックとは毎月のデータ使用制限量のことで、自分のネットの使い方に合わせて選ぶことができます。

【基本料金】

6,400円(通信容量:5GBの場合) 

ドコモユーザーはスマホの基本料+1400円 ただしデータ量は共有

【通信速度】
最大通信速度(下り)788Mbps

【対応エリア】

ほぼ対応可能(地方の方にもおすすめ)

【解約料】

9,500円(2年契約)

【通信速度制限】

通信容量を超えると通信速度が128kbpsになる

auのモバイルwifi

auのモバイルwifiは結論から言うと、「WiMAX」と同じです。では同じWiMAXだから値段は同じかというと、そうではありません。

実はWiMAXを使う時は通信会社と契約する必要があります。そしてこの通信会社によってWiMAXの料金が変わるのです。この時の通信会社を「プロバイダ」と言います。ちなみに通信速度や通信容量は変わりません。

つまりここではauでWIMAXを買った時の値段と思ってもらえば大丈夫です。

【基本料金】

5,880円(通信容量 : 無制限)  

【通信速度】
最大通信速度(下り)708Mbps

【対応エリア】

ほぼ対応可能(地方の方にもおすすめ)

【解約料】

9,500円(2年契約)

【通信速度制限】

毎月の通信容量は無制限だが、3日間で10GBを超えると通信速度が1Mbpsになる(通信速度制限は18時から26時の間のみ)

ソフトバンクのモバイルwifi

ドコモのモバイルwifiと同じように、スマホの代金に加えて追加料金を払うことでモバイルwifiを持つことができます。しかしソフトバンクの場合はスマホ代金+1900円なのでドコモより500円高くなっています。モバイルwifiのデータ量についてはドコモと同じ条件でスマホと共有して使うことになります。

【基本料金】

3,696円(通信容量 : 月7GBの場合)  

ソフトバンクユーザーはスマホの基本料+1900円 ただしデータ量は共有

【通信速度】
最大通信速度(下り)612Mbps

【対応エリア】

ほぼ対応可能(地方の方にもおすすめ)

【解約料】

9,500円(3年契約)

【通信速度制限】

月7GBの通信容量を超えると、通信速度が128kbpsになる

Y!mobile

Y!mobileのモバイルwifiはWiMAXと同じように無制限のプランがあります。また通信容量が5GBのプランもあるので、データ量が少なくても料金を安くしたい人は、5GBのプランをおすすめします。

【基本料金】

2,480円(通信容量 : 月5GBの場合)スマホと

4,380円(通信容量 : 無制限) 

【通信速度】
最大通信速度(下り)612Mbps

【対応エリア】

ほぼ対応可能(地方の方にもおすすめ)

【解約料】

9,500円(3年契約)

【通信速度制限】

■月5GBの場合 :  月5GBの通信容量を超えると、通信速度が128kbpsになる

■通信容量の場合 : 3日間で10GBを超えると通信速度が1Mbpsになる(通信速度制限は当日18時から翌日1時まで

UQコミュニケーションズのモバイルwifi

UQコミュニケーションズが出しているモバイルwifiは「WiMAX」です。よくコジマやヤマダ電機等の大型電気店で店員さんが広告しているので、知っている人が多いと思います。

先ほどauの所でも紹介しましたが、WiMAXの基本料金は契約する通信会社「プロバイダ」によって変わるので、お得な契約プランを探すのが難しいと言われています。

しかし、次の項目でWiMAXのおすすめのプロバイダについては後に紹介しますので、興味がある人はそのまま読み進めてください。

ここでは大本であるUQWiMAXとプロバイダ契約した時の料金を紹介します。

【基本料金】

4,380円(通信容量 : 無制限) 

【通信速度】
最大通信速度(下り)708Mbps

【対応エリア】

ほぼ対応可能(地方の方にもおすすめ)

【解約料】

9,500円(2年契約)

【通信速度制限】

毎月の通信容量は無制限だが、3日間で10GBを超えると通信速度が1Mbpsになる(通信速度制限は18時から26時の間のみ)

3.どのモバイルwifiを選べばいいの?

頭を抱える男性

どうでしたか?5社で出しているモバイルwifiを見てもらいましたが、結局どれを選んでいいのか迷うと思います。

結論から言いますと、モバイルwifiは「WiMAX」がおすすめです。

なぜなら、モバイルwifiを使う時に気にする項目は、「毎月の基本料金」「通信速度」「通信容量」「対応エリアの広さ」だと思いますがWiMAXはこれらのバランスを考えた時満足できるものになっているからです。

分かりにくいので各モバイルwifiを比較するためにグラフにまとめます。

基本料金 最大通信速度(下り) 通信容量 対応エリアの広さ
ドコモ 6,400円(通信容量 : 5GBの場合) 788Mbps 5GB~ ほぼ対応
au(WiMAX) 5,880円 708Mbps 無制限 ほぼ対応
ソフトバンク 3,696円 612Mbps 7GB ほぼ対応
Y!mobile

2,480円(通信容量 : 5GBの場合)

4,380円(通信容量 : 無制限)

612Mbps

5GB

無制限

ほぼ対応
UQコミュニケーションズ(WiMAX) 4,380円 708Mbps 無制限 ほぼ対応

ここで注目したいことは

  • 同じWiMAXでも契約する会社(プロバイダ)によって料金が変わる
  • 通信容量が無制限でも、それほどは高くない
  • 対応エリアはどこの会社でも、ほぼ多くの地域で使える

 

個人的な考えかもしれませんが、通信容量は無制限の方が良いと思います。最近だとスマホやPCで、ドラマや映画を見る機会が増えているので通信量をたくさん使う機会が増えています。

そのためあまり考えずに、モバイルwifiを使うとスグに通信容量いっぱいまで使ってしまい速度制限に引っかかります。

この時の速度制限は128kbpsになるのですが、どのくらい遅いかと言うと、、、「ネットでサイトを開くのも遅く感じます」

そして、動画は常に読み込み中になるため満足に見られません

ちなみに通信容量が無制限のタイプ(WiMAXとY!mobail)の場合でも3日で3GB以上使ってしまうと速度制限にかかりますが、その時の速度制限の通信速度は1Mbpsになり、youtubeで標準画質360pでもストレスなく動画が見られます。

つまり通信容量が無制限のタイプを選んでおけば、安心してモバイルwifiを使うことができます。

もちろん毎月の通信容量をどれくらい使うのか分かる人なら、基本料金を安くするために通信容量の制限があるものを選んで良いでしょう。

では無制限の通信容量が選べるのは、UQコミュニケーションズのWiMAXかY!mobileのどちらかになります。この時2つの料金は4,380円で同じなのでどっちを選べばいいのか?迷いますよね。

しかしこの時に考えて欲しいのがWiMAXの「プロバイダ」です。実はプロバイダによっては、WiMAXは今の基本料金を下げることができます。

では、WiMAXのプロバイダについて次の項目で詳しく説明します。

4.WiMAXのプロバイダを選ぼう

WiMAXのプロバイダとは、簡単に言うと販売代理店です。とても簡単に言うとポテトチップスはどこの店で買っても中身や味は同じですが、料金が変わってきます。

誤解を与えてしまいそうですが、プロバイダの違いによって違うのは本当に料金ぐらいだと思います。多少プロバイダによってアフターサービスが違いますが基本は基本料金が安い物を選んだ方がお得ですよ。

そこでWiMAXの料金を安く抑えたいならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめですよ。GMOとくとくBBをプロバイダにすると料金プランはこうなります。

月額の料金表

なんと最初の1ヶ月目と2カ月目は2,590円で、その後少しずつ基本料金が上がって行きますが、25ヶ月経った後もUQコミュニケーションズのWiMAXより基本料金が安いです。

ちょっと興味を持ってもらえましたか?ではどのように契約すればいいのか説明していきたいと思います。

GMOとくとくBBでのwimax契約方法

①最初に契約するサイトに飛びます
公式サイト【GMOとくとくBB】

②申し込みはこちらをクリック

申し込みはこちら表示場所

 

③ルーター(端末)を選ぶ

ルーターを選ぶ

おすすめは最新のルーターW05。通信速度やバッテリーの持ちも他のものと比べて断然いい。ちなみにルーターの料金はなんと無料なので他の端末を選んでもいいですが、最新のルーターを手に入れましょう。

 

④契約プランを選んで、「ご利用サービスの選択へ進む」をクリック

契約プランを選択

契約期間は2年間がおすすめです。契約期間が短いとWiMAXと解約する時に解約がしやすくなります。

 

⑤利用のサービスを選択

プラン選択

ギガ放題プランとは月の通信(データ)量が無制限のプランになります。念のためもう一度言っておきますが、3日間で10GB使用した場合は速度制限1Mbpsの速度制限にかかります。しかしその時の通信速度1Mbpsはyoutubeの標準画質モードがストレスなく見ることができる速度です。また動画以外のサイトを見たりメールを送るには困らない速度です。

 

⑥ルーター(端末)の色、クレードルの有無を選ぶ

本体の色、クレードルを選ぶ

ここでクレードルについて注意点を3つ

  • クレードルは無料ではありません(3,290円)
  • クレードルを使うにはACアダプターが必要
  • クレードルがなくてもWiMAXは充電可能です

ちなみにWiMAXはUSBケーブルがついているので、これをパソコンにつなぐとWiMAXは充電できますよ。

ではクレードルのメリットは何かというと、「コンセントから充電ができるようになる」「有線接続ができるようになる」この2つです。コンセントから充電ができると充電のしやすいと思いますので、個人的にはクレードルの購入をおすすめしますが、好きに選んでOKです。

もちろん色については、好きな色を選んでくださいね。

ちなみにルーター(端末)の色で人気があるのはカッコイイ「ブラック×ライム」!そしてクレードルは、お家の利用するのが多いなら購入した方が良いと思います。

⑦オプションについて

安心サポートやWi-Fi(公衆無線LAN)のサービスには、実は申し込みの段階では必ず入らないといけないみたいです。しかしWiMAX申し込み後に「BB navi」から解約することができますので必要がない人は、解約するのを忘れないようにしましょう。ちなみに「BB navi」とはGMOとくとくBBの会員サポートページのことです。

オプションの内容や解約方法についてはこちら

 

⑧個人情報を入力して、契約内容を確認

あとはそのまま個人情報を記入して、「確認画面へ進む」をクリックすればOK

 

⑨申し込み完了

これでWiMAXの申し込み完了です。お疲れでした。

5.よくある質問

Q.海外でモバイルwifiを使いたいのですが、そのまま使うことは出来ますか?

A.今回紹介した契約のままでWiMAXを海外で使うことは出来ません。そのため海外でモバイルwifiを使いたい場合は、レンタルタイプのモバイルwifiを利用することをおすすめします。レンタルタイプのモバイルwifiには「イモトのwifi」「グローバルWi-Fi」等があります。

イモトのwifi公式サイト

グローバルWi-Fi公式サイト

 

Q.WiMAXを解約したい時はどうすればいいの?
A.GMOとくとくBBのWiMAXの解約は、「BBnavi」からできます。
この時の注意点として更新月以外で解約すると違約金が発生するので注意が必要です。

詳しい解約方法はこちら↓
GMOとくとくBB解約方法

まとめ

どうでしたか?モバイルwifiを選ぶのに参考になったでしょうか?

モバイルwifiの利点は、外でもインターネットにつなげることです。また固定回線と比べると安くで始められるんでネット初心者にもおすすめできます。

ぜひモバイルwifiを使って快適なネットを手に入れてください。

おすすめの記事