ネット環境は、もはや現代人の誰もが持つ必須アイテムの1つです。

しかし、「光回線モバイルルーターWiFi」など様々なものがありますが、どれを選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

自分に最適なネット環境を選ぶために、知っておきたいことを紹介します!

一人暮らしの方のネットの選び方

タブレット

一人暮らしの方に最適なネット回線は、どのようなものがあるのでしょうか。ハッキリ言ってしまえば、その人の使い方によりけりです。SNSや動画程度であれば、ポケットWiFiのようなモバイルルーターでも回線速度に物足りなさは感じないでしょう。

オンラインゲームなど、大容量の通信をおこなうのであれば光回線でないとラグが発生し、まともに遊べないなんてこともありえます。

人によって最適は変わるので、どのようなものが良いのかこれから紹介する方法をみて判別してみましょう。

ネットの使い方でユーザー層を分けてみる

今や若い世代から上の世代まで、街中や電車の中でもスマホを見ている方はいたるところに見受けられます。
それほど多くの人にスマホが浸透し、ネットが身近にあることだと言えます。それでも、暇つぶしで短時間しか使用しないのか、休日はどっぷり1日中ネットを見ているのか人によって変わります。

そんな人達を3つの項目に分けてみましょう。
あなたはどこに当てはまりますか?

ライトユーザー層

笑顔でスマホ

特徴
  • 一人暮らし
  • ネットの手段は主に携帯・スマホ
  • 1日1~2時間程度ネットをしている

ライトユーザーは、空いた時間や通勤中にネットを見るなど、時間つぶしくらいの感覚でネットを見る人が当てはまります。

個人的な見解ですが、若い世代というよりは上の世代の社会人に当てはまる人が多いのではないでしょうか?SNSや動画をあまり見ない方たちだと思われます。

ミドルユーザー層

スマホ

特徴
  • 一人暮らし
  • 1日3時間程度ネットをしている
  • 2時間以上動画を観ている

ミドルユーザーの特徴として、1日3時間ほどネットをしている方が当てはまるので、動画の視聴やSNSでコミュニケーションを取る若い世代の方が多く当てはまります。

仕事や学校の休憩時間、帰宅してから寝るまでの間などスマホやPCをよく触っている方は、自分がミドルユーザーの心当たりがあるのではないでしょうか?

ヘビーユーザー層

ゲーマー

特徴
  • 1日の大半の時間ネットをしている
  • 動画を1日3時間以上観ている
  • 動画や写真をネットにアップしている
  • オンラインゲームをする

ヘビーユーザーは、ネットを長時間している方に当てはまります。動画だけでなくオンラインゲームなど、大容量通信を行っている方は、インターネットのヘビーユーザーだと言えます。

それぞれにオススメの回線

ユーザータイプを3つに分けてみましたが、自分がどの層に当てはまるのか見つけることはできたでしょうか。

次に、ライトユーザー・ミドルユーザー・ヘビーユーザーそれぞれに、どの回線がオススメなのか紹介させてもらいます。自分はどの回線が良いのか、見ていきましょう。

  • ライトユーザー層
    オススメ回線【WiMAX】…WiMAXは、回線に繋がないタイプのモバイルルーターです。充電もしくはコンセントに差し込むと、自宅でWiFi環境を整えることができます。接続も簡単で、持ち運ぶことも出来るので、外で使う人に最適な回線です。

  • ミドルユーザー層
    オススメ回線【WiMAX】…ミドルユーザー層も、ライトユーザー層と同じくWiMAXをオススメします。1日3時間ほどネットを使うと、月末までに通信制限を迎えてしまうことがあります。自宅ではWiFiを使い外で4G通信を使うなどの使い分けをすると、1ヶ月間で通信制限がかかることはほとんどなくなります。

  • ヘビーユーザー層
    オススメ回線【光回線】…ヘビーユーザー層の特徴から見ると、自宅でネットを行う方の割合が高いため、持ち運べるモバイルルーターよりも通信速度が速い光回線をオススメします。WiFiと比べて安定した通信が行えるので、ストレスなくネットが楽しめるでしょう。

おおまかに分けてみましたが、このような結果を出させてもらいました。自分の使い方に合わせて選んでみても、良いかもしれませんね。

一人暮らしの方にオススメな機種

スマホ パソコン

ここからは、一人暮らしの方のためにWiMAXのオススメ機種を紹介したいと思います。WiMAXにも種類があり、ただ最新のものを買うのではなく、用途に合わせて自分が使いやすいものを選びましょう。

ライト~ミドルユーザー層にオススメな機種

機種を紹介する前に、WiMAXには2種類あることを説明させてもらいます。
モバイルルーター」と「ホームルーター」があるので、どのような使い方をするのか見てみましょう。

  • モバイルルーター
    小型でバッテリーが内蔵された、持ち運び可能なWiFiルーターです。外で使うこともできるので、出先で長時間待つときにWiFi通信を使って時間つぶしができるなど使い方は様々です。

  • ホームルーター
    バッテリーが内蔵されておらず、自宅でコンセントに挿したまま使うWiFiルーターです。最大接続数が多く、数台のPCやスマホ・タブレットを接続できるのが特徴となっています。

この使い方を見た上で、オススメのルーターを紹介させていただきます。

オススメモバイルルーター

Speed Wi-Fi NEXT W05

外でも使えるモバイルルーター
下り最大758Mbpsの光回線に匹敵するモバイルルーターです。
重さが131gと軽く、ポケットやカバンに入れていても気にならない程度の大きさです。
連続通信時間は540分と、外出中に使う程度であれば問題なく使うことができるでしょう。
画像参考:https://www.uqwimax.jp/signup/device/model69/

オススメホームルーター

Speed Wi-Fi HOME L01/L01s
家族向けの簡単WiFi
バッテリーが内蔵されていないため、自宅で使う用のWiFiルーターです。下り最大440Mbpsと、モバイルルーターと比べて若干遅めではあるものの、動画やSNS程度であれば問題ありません。
L01とL01sの2つのバージョンがありますが、違いは「重さ」「SIMカードの大きさ」「対応OSのバージョン」に違いがあるようです。デザインに関してはほとんど違いがないので、よっぽどのことがなければL01sを買うほうが良いかと思います。
画像参考:https://www.uqwimax.jp/signup/device/model64/

ヘビーユーザー層にオススメな機種

本来ヘビーユーザー層の方は、光回線でインターネットするのがオススメです。しかしどうしても光回線ではなく、モバイルルーターを使わないといけないヘビーユーザー層の方にオススメなWiMAXを紹介します。

ヘビーユーザーの方にオススメするWiMAXは、「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」のホームルーターです。自宅でゲームや動画を長時間見る人にとっては、充電するバッテリータイプのWiMAXではなく、コンセントに差し込むタイプの方をオススメします。

SoftBank Air
WiFi環境が簡単に設定できるSoftBankの使者
WiMAXではありませんが、自宅用のWiFiモバイルルーターはSoftBankからも発売されています。「SoftBank Air」というもので、WiMAXのホームルーター同じ様にコンセントに差すだけでWiFi環境を作ることができます。
画像参考:https://www.softbank.jp/ybb/special/air/

ネット回線はどれが良いのか口コミを聞いてみた

考える女性

ここまでWiMAXと光回線について触れてきましたが、いかがでしたか?使い方によってオススメな回線を分け、オススメの機種を見てきました。
ほとんどの内容が、私が調べて1部体感した内容ですが、では実際全てに触れたかと言われたらそうでもありません。そのため、良いところと悪いところを全て把握してはいないので、実際に使ってみた人達口コミを集めてみました。

どの回線にするか迷ったときのために、参考にしてみましょう。

悪い口コミ

・WiMAXの悪い口コミ
「実際そこまで速くない」
「無制限のはずなのに通信制限がかかる」
「オンラインには向かない」
「料金を考えたら回線速度が割に合わない」

WiMAXのよくある口コミを4つ集めてみました。主に通信量や制限に関しての口コミが多いようです。
データ量の上限はないとUQモバイルは謳っていますが、実は3日で10ギガを超える通信量が発生すると通信制限が発生してしまいます。

以前は3日で3ギガだったので、これでも緩和された方ではあります。

次に、光回線の悪い口コミを見ていきましょう。

・光回線の悪い口コミ
「違約金が高い」
「工事するまでにすごい時間がかかる」
「場所によって通信環境が劣悪になる」

光回線に関しては、このような口コミがありました。
全体的に違約金工事に関する口コミが多いようです。

光回線は家に入れる際工事が必要で、その代金を実質0円にするために数年契約を続けるという約束があります。
工事費用は30,000円以上かかるのがほとんどで、その費用を毎月700円~800円に分け、更に毎月その分を割引するという仕組みになっています。
3~4年ほど続けないといけないので、もし途中で解約しないといけなくなったら、残りの月×700円~800円なので2年残っていたら16,800円~19,200円の違約金を一括で支払う必要があります。更に2年ごとの自動契約が重なっていたら更に上乗せされてしまいます。

お金に関しては難しいところもありますが、光回線を入れる際はしっかりと中身を確認して契約しましょう。

良い口コミ

悪い口コミだけでは不公平なので、次は良い口コミを紹介していきましょう。

同じ様にWiMAXと光回線のことを紹介するので、参考にしてみてください。

・WiMAX良い口コミ
「モバイル端末にしては速度が出てる」
「持ち運びやすい」
「動画見るくらいなら問題なし」
「電池の持ちが良い」

いい口コミを話している人達は、外でよくネットを使うと言っている人が多い印象でした。
地下や電車などの移動中に不便はあるようですが、ゆったりと外でくつろいで使う分には問題なさそうです。

・光回線の良い口コミ
「通信が安定している」
「通信速度が速い」
「キャンペーンの種類が豊富」
「地域限定の回線・プロバイダがある」

光回線の良い口コミの中で、1番多かったのが回線速度でした。特に有線で使っている人達は、安定性が高く無線の回線と比べてとても速い速度でネットが使えることに喜んでいます。

光回線は回線会社とプロバイダの両方と契約しなければいけません。プロバイダによっては、お得なキャンペーンをしており、キャッシュバックや月々の料金からの割引もあるので、ユーザーにとっては見逃せない情報も多くあります。

光回線とWiMAXのネット料金・回線速度比較

この項目では、光回線とWiMAXの料金・回線速度を詳しく見ていきます。

ただ光回線は種類が多いので、携帯の3大キャリアが出している回線の速度・料金を見ていきたいと思います。

月額料金比較

光回線

auひかり
  • 月額料金……3,800円~
  • キャンペーン……最大55,000円還元

光回線の月額料金は、戸建てとマンションで料金が変わり、3,800円はauひかりマンションタイプの料金です。
キャンペーンは各社いろいろありますが、【還元】はキャッシュバックと割引を含めた合計の数値になっています。

ソフトバンク光
  • 月額料金……3,800円~
  • キャンペーン……20,000円~

ソフトバンク光はauひかりとほとんど料金に変化がありません。しかし、選べるプロバイダは1種類しかないので、プロバイダ特典はあまり期待しないようにしましょう。そのかわり、乗り換えやスマホセットでキャッシュバックがあるので、そちらでお得に乗り換えてみましょう。

ドコモ光
  • 月額料金……4,000
  • キャンペーン……10,000dポイント~

ドコモ光のキャンペーンの特徴は、現金ではなくポイントで還元されることにあります。
ポイントの用途は様々あるので、買い物や携帯料金の支払いなどに回すなどが可能です。

 

WiMAX

月額料金……4,380円【UQ Flat ツープラス ギガ放題の料金】

キャンペーン……初期費用18,857円割引

WiMAXのキャンペーンは、Webからの申し込み限定キャンペーンとなっています。WiMAX最新機種が無料で、乗り換えの場合違約金が0円なので、他の回線から乗り換えを考えている方はWebから申し込みましょう。

回線速度の比較

速度

光回線

auひかり・ソフトバンク光・ドコモ光の回線速度は、どれも最大1Gbpsとなっています。
ほとんどの光回線は、1Gbpsを超えるところはありません。

1つあげるとしたら、「NURO光」は最大2Gbpsなので現在のところ最速の回線ではないでしょうか。いまのところ、7県2府でしか提供されていないので、2Gbpsの通信が全国で使えるようになるにはまだまだ先の話になりそうです。

WiMAX

WiMAXは現在通信速度の理論値が758Mbpsと出ています。
もちろん、平時この速度が出るわけではありませんが、光回線に匹敵するほどの速度と言っても良いでしょう。

しかし、3日で10Gの通信量を超えると速度が一気に落ちてしまうので、注意して使ってください。

ネットを今から入れる人にお得な情報

キャッシュバック情報

回線をどこにしようかネットで探していると、回線業者や、プロバイダ、代理店など各方面でキャンペーンキャッシュバックが掲げられているのを見かけます。
こんなにお金をあげて大丈夫なのか、というくらいキャッシュバックする業者もありますよね。
キャッシュバックの仕組みとしては、業者が人件費を削って頑張っている他にも、大本からの手数料を多く貰えるという理由もあるようです。それによって、私達にも多額のキャッシュバックが還元されているのですから、これは嬉しいですよね。

ちなみに、代理店などは契約する場所によってキャッシュバックの額が変わるのは知っていますか?
契約するなら、なるべくキャッシュバック額の大きいところと契約したいですよね。

それでは、今回はキャリア別にキャッシュバック額の大きい代理店を紹介したいと思います。

auひかりのオススメ代理店
NNコミュニケーションズ
ネットのみだと38,000円、ネット+電話だと最大50,000円のキャッシュバックキャンペーン。適用条件もサイト内に分かりやすく書かれているので、誰でもキャンペーンを貰える有料サイトです。
ソフトバンク光のオススメ代理店
S&Nパートナー
ソフトバンク光は契約できるプロバイダが1件しかないものの、代理店は結構な数あります。その中でも、S&Nパートナーはキャッシュバックの申請が申し込み時にオペレーターに伝えるだけなので簡単に済ませることができます。
ドコモ光のオススメ代理店
GMOとくとくBB
GMOはドコモ光のプロバイダでもありますが、1番キャッシュバックの多い代理店でもあります。GMOのサイトから契約したら、キャッシュバックなどのキャンペーンを貰うことができますが、他サイトからだと貰えないので注意してください。
WiMAXのオススメ代理店
GMOとくとくBB
ドコモ光と同じく、WiMAXのオススメ代理店はGMOとくとくBBです。キャンペーンは10月中なので、WiMAXを考えている方は早めに申し込みをしましょう。

 

落とし穴に注意

登録するだけでお金が貰えると聞いて、怪しく思った方は中にはいるのではないでしょうか。
実はそのとおりで、代理店の場所によってはあの手この手でユーザーを契約後キャッシュバック対象外にするところもあります。そのため、条件はしっかりと見て契約しなければいけません。

対象外でなくとも、不必要なプランに入らないといけなかったりなどで、結果的にあまり得していないこともあります。先程オススメした代理店は、なるべく信頼できるところを選んで紹介しましたが、最終的には自分が信用できるところで契約はしましょう。

生活スタイルでネット回線を選ぶ

営業メールをする女性

WiMAXや光回線に関して、良いところや悪いところを見てきましたが、いまいちピンとこない方は自分の生活スタイルで考えてみてはいかがでしょうか。

WiMAXと光回線では、どのような生活スタイルの方がオススメなのか見ていきましょう。

WiMAXがオススメな生活スタイル

外出が多く家にあまりいない

仕事で朝早くから夜遅くまで家にいなかったり、若い人であれば夜中に遊びに行って家にあまりいないのであれば、WiMAXをオススメします。

光回線を入れているのに、家にいないのであればほとんど使うこともないはずなので非常にもったいないです。安くはない月額料金を払うなら、持ち運び可能なWiMAXを外でも使っちゃいましょう。

出張や旅行などで家を空けるときも、一緒に持っていけるので旅先でもネットを大いに活用させちゃってください。

光回線が届かない地域

光回線が届かない地域だと、インターネットをするためには光以外のものを使う必要があります。
ADSL回線を入れることも可能ですが、正直なところ回線速度が遅くストレスが溜まります。そうならないためにも、WiMAXなどWiFiルーターを入れてストレスのないインターネットを始めましょう。

光回線がオススメな生活スタイル

想像できると思いますが、光回線がオススメな方はWiMAXがオススメな方とは逆に、家によくいる方にオススメします。

ネットをよく使う方はもちろん、マンションやアパートにお住まいの方であれば、戸建てより料金が安くなるので光回線にしてみてはいかがでしょうか。

自分が使いやすいものを選択しよう

ビジネスマン

ここまで見ていただきありがとうございます。
自分がどのネット環境を整えたらいいのか、参考になっていただけたら幸いです。

一人暮らしの方のために、いろいろと紹介してきましたが、もちろん「あまり家で使わないけど光回線にしたい!」と考えている方には、光回線をオススメします。

自分が使うものなので、自分が使いたい・使いやすいものが1番です。

もしそれでも決まらないようでしたら、またココを見て参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事