現在のスマホの料金が高いから格安スマホを使いたい!と考える人は多いと思います。確かに格安スマホに変えれば月々の料金が安くなるので節約ができるのですが……格安スマホには安い理由があります。

その理由が分からずに格安スマホに変えると「こんなはずではなかったのに…」と後悔することになるかも。

そこでこの記事では、

「そもそも格安スマホってなんだろ?普通のスマホと何が違うの?」

「格安スマホって料金が安いけど、デメリットはないの?」

「結局どれを選べばいいのか分からない?」

といった悩みを解決していきます!

もちろん分かりやすく説明していきますので格安スマホ初心者の人もぜひ参考にしてください。

お得に使える格安スマホ!基本情報と料金を説明

幸せそうなカップル

そもそも格安スマホとは

格安スマホっていつも使っているものと違うの?と疑問に思いませんか?実は格安スマホ自体は普通のスマホと同じなのですが、提供している会社が異なります。

現在スマホを提供している会社は「キャリア」と「MVNO」の2つに分けられます。言葉は難しいですが簡単に説明すると、

  • よく聞くau・ソフトバンク・ドコモの3社のことをキャリア
  • それ以外でスマホサービスを提供しているのがMVNO

つまりMVNOはau・ソフトバンク・ドコモ以外の会社のことで、MVNOが提供しているサービス(通信料金や端末代など)がキャリアのスマホより安いため「格安スマホ」と呼ばれています。

世間的に月々のスマホ料金を安くできるとあって、格安スマホの関心は年々高まっています。

格安スマホが安い理由

格安スマホが安い理由は3つあります。

  • シンプルな料金プラン
  • 広告費や人件費を削減している
  • 通信設備への投資がない

それぞれについて具体的に説明していきます。

シンプルな料金プラン

格安スマホは、自分に合ったプランを選べるようになっています。

例えばあまりネットを使わない人はデータ通信容量を少なくしたり、最近連絡はLINEしか使わないなら電話機能をなくしたりすることも出来ます。

キャリアのスマホだと契約した時にある程度、データ通信容量や電話かけ放題の料金プランが決まっているため、使っていなくても決まった料金を払わないといけません。

そのため「あまりスマホを使っていないのにどうしてこんなに高いの…」と感じる人も多いと思います。

そんなスマホをあまり使わない人にこそ格安スマホはおすすめですし、スマホをたくさん使う人でも自分に合わせた料金プランで無駄な出費をなくすことが出来ます。

自分に合わせたプランを選んで、お得にスマホを使いましょう!

広告費や人件費を削減している

キャリアとMVNOでは宣伝の仕方や契約する場所が異なります。

キャリアはテレビ広告や電車で広告をしているため、たくさんの広告費がかかっていますので、広告費を利用料金で回収をする必要があり料金が高くなってしまいます。また契約する場所である「実店舗」の光熱費や人件費も料金には加えられます。

しかしMVNOは主にネットで広告を出しているため、広告費用を安く抑えることが出来ますし、また契約もネットで行なうため人件費がかからない分、月々の料金を安くすることが出来ます。(一部格安スマホは店舗で契約可能です)

 

通信設備の心配をしなくてもいい

少し難しい話になりますが、格安スマホを提供しているMVNOは通信設備をキャリアから借りてサービスを行なっています。そのため自社で通信設備を持っていません。

キャリアの利用料金にはこういった設備料金の他にも、電波を届けるアンテナを設置したり、安定した運用をするためのメンテナンス費用も入っています。

MVNOから請求される料金はこうした料金が含まれていませんし、またキャリアから回線を借りることによって、安くで私たちにサービスを提供できるという訳です。

キャリアスマホとの料金比較

キャリアのスマホから格安スマホに変えた時にどのくらい節約できるのか気になりますよね。

格安スマホの料金が安いからって「そんなに変わらないのでは?」と思う人もいるはずですが、格安スマホの料金はホントに安いです。

【格安スマホの料金】

月額利用料金※1
UQmobaile 1,680円+端末代
BIGLOBEモバイル 1,600円+端末代
mineo(Dプラン) 1,600円+端末代

※1 月額料金はデータ容量3GB+音声通話可能のプラン

キャリアの月額料金は契約プランによって異なりますが、一般的には7,000円くらいの人が多いでしょう。

格安スマホの料金を見てみると通信費用と通話料で1,600円台、端末代に払う月額料金は機種によって違いますが1,500円とすると

格安スマホは月々3,100円で利用が可能です。

その時キャリアのスマホから格安スマホに変えると月々3,900円利用料金が安くなるので、1年間で46,000円もお得にスマホを利用できます。

1人で4万円以上なので家族4人の場合は、年間10万円以上もスマホの料金を安くなることに!浮いた10万円は家族で旅行に行くのに利用しても良いですね。

格安スマホのデメリット

悲しい顔したワンちゃん

格安スマホの利用料金は安いことが分かりましたが、実は格安スマホを使う上で知っておきたいデメリットがあります。ただしデメリットに対する対策方法も詳しく説明しますので安心してください。

デメリット1 キャリアのメールが使えなくなる

格安スマホを使う時に困る人が意外と多いのが、前に使っていたキャリアのメールアドレスが使えなくなること。

キャリアのメールとは末尾が以下のようになっているものです。

@docomo.ne.jp

@ezweb.ne.jp

@softbank.ne.jp

しかしメールが全く使えなくなるわけではなく、「Gmail」や「yahooメール」といったフリーメールを利用することでメールの送受信が可能です。

デメリット2 自分で設定が必要

キャリアのスマホを契約した時、すぐにスマホでネットや通話ができる状態だったと思います。しかし格安スマホの場合は、APN設定と呼ばれる設定を自分でする必要があります。

機械が苦手な人にとってはそれだけで嫌になるかもしれませんが、ちゃんと公式サイトで分かりやすく説明されていますので初心者の人でも簡単に出来ます。またどうしても分からない場合には、サポートセンターに連絡することで相談に応じてくれますよ。

デメリット3 電話の料金が高くなる

格安スマホは通信料金を安くで提供できますが、通話料金は少し高くなる場合があります。というのも格安スマホの通話料金は、定額制のものが少なく通話した時間が長いほど料金が高くなる料金プランになっています。

そのためたくさん電話をする場合には、アプリによる通話に切り替えましょう。LINEなどのアプリでの通話はネット回線を利用して通話を行なっていますので通信料金には含まれません。

デメリット4 通信速度が時間帯によって遅くなる

格安スマホの通信サービスは、キャリアから通信回線を借りることによって私たちに提供しています。

キャリアから借りている通信回線には領域が決まっており一度にたくさんのアクセスがあると、回線の負荷に耐えられなくなるため通信速度が遅くなってしまいます。

例えるなら、

「高速道路にたくさんの車が入ってきて渋滞を起こしている状態」です。

そのためたくさんアクセスが集中する時間帯「お昼(12時)」「夜間(19時~21時)」は回線の速度が遅くなる事があります。

自宅でスマホしかない方は、料金が高くなっても通信速度が安定している「UQモバイル」や「Y!mobile」を選ぶ事をおすすめします。

格安スマホがおすすめな人

楽しそうに仕事をする人

格安スマホをおすすめ出来る人は

  • とにかく料金を安くしたい人
  • 通話が短い人
  • 連絡はアプリで頻繁にする人
  • ちょっとの手間をかけられる人

格安スマホには「通話料金が高くなる」、「時間帯によって通信速度が遅くなる」などのデメリットがあります。

しかし使い方を工夫することによって不便なくスマホを使うことが出来るようになりますよ。

格安スマホを紹介!おすすめランキング

分析をする人

格安スマホは提供する会社によってサービスが異なりますので、自分の使い方や目的に合わせて選ぶと良いでしょう。しかし「どれを選べばいいのか分からない…」というひとのために、個人的おすすめの格安スマホランキングを作成しましたので、ぜひ参考にしてください。

また格安スマホの紹介文の後にTwitterの口コミを載せていますので実際に使用している人の感想も知ることが出来ます。

【おすすめの格安スマホランキング】

1位 UQモバイル

UQ mobileロゴ

UQ mobileは速度が速いと口コミでも評判の格安スマホ。サブキャリアのスマホなので他の格安スマホと比較しても速い通信速度なので、お客様満足度が高いのが特徴的です。1回5分間のかけ放題の料金プランがありますので、1回の通話時間が長い人にもおすすめです。

【UQモバイルの特徴】

  • 通信速度が速い!
  • 1回5分間のかけ放題プランで長く通話ができる!
  • 無制限のプランがあるのでたくさん容量を使う人も安心!

2位 BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルロゴ

動画をたくさん見たい人はBIGLOBEモバイルがおすすめ!「エンタメカウントフリーオプション」で、youtubeやAbema TVなどの動画を視聴しても月のデータ容量にカウントされなくなります。そのため容量を気にせずに動画を見ることが出来ます。

【BIGLOBEの特徴】

  • エンタメフリーオプションで容量を気にせずに動画が見られる!
  • 20GB以上の大容量プランが選択可能!
  • 3分かけ放題のプランがある!

3位 mineo

マイネオロゴ

mineoは最低利用期間がないため、初心者におすすめの格安スマホです。通常スマホを契約した時に「思ってたより速度が出ない……」と感じても解約には高い違約金を払う必要があるので、継続して利用する人も多いはずです。しかしmineoなら気軽に解約ができるので格安スマホに不安があるけど使ってみたい人はぜひmineoからはじめてはいかがでしょうか?

【mineoの特徴】

  • 最低利用期間がないので違約金が発生しない!
  • mineoユーザー同士でパケットシェアが出来る!
  • 電話アプリの月額基本料金が無料!

【その他のおすすめスマホ】

ランキングで紹介した格安スマホ以外でもおすすめがありますので紹介します。特にLINEモバイルはTwitterやInstagramなどSNSをたくさん利用する人におすすめです。

楽天モバイル

楽天モバイルロゴ

1回で電話でたくさん話すおしゃべりな人には楽天モバイルがおすすめ月額850円の「楽天でんわ10分かけ放題」オプションで10分以内の電話ならかけ放題!また楽天モバイルは月額料金の支払いで「楽天スーパーポイント」が1ポイント貯まりますので、楽天でお買い物をする人にもおすすめです。

 

IIJmio

IIJmioロゴ

IIJmioは高い通信品質を誇る老舗ブランド。そのためユーザーからの信頼性が高いためサービスで格安スマホを選びたい人はIIJmioがおすすめです。「余ったデータが翌月に繰り越せる」、「料金プランを無料で変更できる」といった長い期間利用したい時に欲しいサービスが揃っています。また家族でデータ容量をシェアできる「ファミリーシェアプラン」がありますので、家族で格安スマホに乗り換えたい人にもおすすめです

 

LINEモバイル

LINEモバイルロゴ

LINEモバイルには「コミュニケーションフリープラン」がありSNSのデータ通信量をカウントしないプランがあります。このプランの対象はLINEだけでなく、TwitterやFacebook・InstagramもカウントされませんのでLINEやInstagramなどのSNSをたくさん使う人にはおすすめの格安スマホです。また月額料金の1%はLINEポイントとして還元されますので、新しいスタンプを購入に使うといいでしょう。

まとめ

カフェでくつろぐ女性

格安スマホは、

  • キャリアのメールが使えなくなる
  • 自分で設定が必要
  • 電話の料金が高くなる場合がある

といったデメリットがありますが安い料金で利用できますので年間にすると1人40,000円以上もお得に利用できます。また家族3人の場合は100,000円以上の節約出来るので家計の負担が軽くなりますので、ぜひ格安スマホの乗り換えを考えた方が良いでしょう。

スマホを見直すことで無駄な出費を減らして、趣味を充実させるのも良いですね。私は映画を見ることが好きなので浮いたお金で、huluやNetflixなどのVODを契約して好きな映画をいつでも見られるようにしました!

あなたも好きなことがあれば、スマホにかかるお金を節約して趣味を充実させましょう。きっと毎日が楽しくなりますよ。

おすすめの記事