現在の住まいから引っ越すときに、荷物や役所の手続き、仕事のことなど様々なことを新しい環境へ移すために考えると思います。インターネット回線も同じ様に、新しい環境へ行くために欠かせないものですよね。
引っ越すときにインターネットは、現在のものから解約しなければいけないのでしょうか?それとも、継続して利用できるのでしょうか。転居に関するインターネットの基本的なところからみていき、どうやったらお得にインターネットができるのか紹介していきたいと思います。

1. 引っ越しするときにインターネットは解約するべき?

回線接続

引っ越しのときって、いろいろな手続きとかやることがあって大変なことばかりですよね。インターネットの回線も、どう処理したら良いのか困っていませんか?そんな方のために、引っ越し時はインターネット回線をどうしたら良いのか紹介したいと思います。

解約しなくても大丈夫

インターネット回線・プロバイダは引っ越し先でも継続して使えることが多いので、解約して新規契約をしなくても問題ありません移転手続きをしたら同じものが使えるので、継続して利用したい人は回線業社に連絡を入れましょう。

場所によって使えないことも

回線やプロバイダは、場所によって未対応のものもあるため解約が必須な場合があります。特に東日本→西日本または、西日本→東日本の引っ越しをしたときは、NTTの回線が変わるため解約・新規契約をしなければいけません。プロバイダに関しても地域限定で使われているプロバイダがあるため、その地域から引っ越すことになったのなら、新たに契約をしないといけなくなります。
引っ越しが決まったら、現在の契約内容で新居でも使用可能なのか確認することが必要です。早めに回線業社に連絡を入れるなどして、現在の契約内容で大丈夫なのか情報収集を行いましょう。

同じ回線・プロバイダを使っても使わなくても

同じ回線・プロバイダを継続利用、もしくは解約・新規契約どちらの場合でも引っ越しが決まったら早めに手続きは済ませましょう。どちらの場合でも連絡を入れる目安は、引っ越しの1ヶ月前に済ませておくことが無難です。時期にもよりますが回線工事の都合上早めに連絡を入れないと、混雑時であれば工事が遅れて1ヶ月以上新居でインターネットができないなんてことも有り得ます。

次の項目からは、継続利用・新規契約の際にやっておくべきことと注意点を紹介していきます。

2. 引っ越し先で同じ回線・プロバイダを継続する場合

同じ回線を使う1番のメリットは、新規契約の手続きと比べて面倒がなく簡単に済ませられることです。簡単とは言ってもやることが無いわけではないので、継続利用のときにやっておくべきことを見ていきましょう。

自分でやるべき手続き

まずは、回線業者に連絡を入れましょう。ネットから専用のメールフォームで連絡をとることもできますが、なるべくは電話で連絡をとることがおすすめです。手元に契約したときの書類引っ越し先の住所が分かる書類などを用意しておくと、話がスムーズに行えるのであらかじめ準備しておきます。
回線業者と話をするときに、必ず聞いておくべきことが2点あります。「新居で継続して回線使用は可能か」「回線工事の日程・費用」この2点だけは必ず聞いておきましょう。回線業社から、新居で回線の使用が不可と言われた場合は諦めて新規契約を行うしかありません。

新居で継続利用の回線工事をする際に、多くのところは1万円ほどで回線工事を行うことができます。しかし回線業社や契約内容によっては、新規契約と同じくらい回線工事の費用がかかる場合もあります。工事費用が3万円を超えるときは、新規契約のキャッシュバックキャンペーンを利用した方が安くなるときもあるので、料金を聞いて継続か新規契約を決めても良いと思います。

継続するときの注意

継続して利用する際に、注意しておくべきことがあります。

  • 通信速度に関して
    引っ越し先で同じ回線・プロバイダを使用したとしても、場所や環境によって通信速度が現在よりも下がることが考えられます。
  • 料金内容
    同じ地域内での引っ越しの場合、契約内容が変化することはあまり考えにくいのですが、まったく違う地域に引っ越したらサービスの内容が変化することが考えられます。それによって料金プランなどの契約内容が変わることもあるため、継続して利用するときは契約内容の確認をしておきましょう。

3. 引っ越し先で回線・プロバイダを新規契約する場合

契約成立

引っ越し先で回線・プロバイダの新規契約を考えているときは、継続利用と比べていくつか確認しておくことが増えます。余裕を持って引っ越しができるように準備をしましょう

自分でやるべき手続き

引っ越し先で新規契約をするときは、解約契約の2つをやる必要があります。そのために必要なことを、引っ越し前までに終わらせるようにしましょう。解約と契約は基本的に、電話で回線業社に連絡をとり解約や新規契約の意図を伝えることで、話を進めることができます。確認しておくべきことと注意点があるので、参考にしてみてください。

解約手続きについて

解約月と違約金

解約の手続きは、回線業社やプロバイダによって大きく変わります。当月で終了できるのか翌月にしか終了できないのか、詳しい内容や支払う料金はいつまで発生するのかも含めて連絡をとり確認しましょう。また契約内容によっては違約金が発生することもあり、大きな出費をしてしまうことも考えられます。契約したときのプラン内容を見て、自分がどのような状態なのか業社に直接問い合わせてみましょう。もし違約金が発生したとしても、新規契約のキャッシュバックが上回っていれば相殺されることもあります。

返却と回線撤去について

解約をする際に、モデムの返却を行わなければいけません。プロバイダから返却用の袋や箱が届き、入れて出すだけのところもありますが、契約者自身が送料を負担するところもあります。返却の仕方も解約時に確認しておき、返却漏れがないよう確認しておいてください。
ケーブルテレビの回線を入れていたときは、ケーブルの撤去工事も必要となるので日程を合わせて引っ越しまでに完了させるようにしましょう。

新規契約するときの注意

時期によっては工事の期間が遅くなり、引っ越しの予定日までに間に合わないことがあります。特に引っ越しの多い3月は、新規でインターネット契約をする人も多くなるため工事が2ヶ月先になるなんてことが考えられるでしょう。引っ越し先でインターネットを使えないならまだしも、撤去作業が追いついてないときは元住所の管理会社から、撤去工事が完了するまで日割で家賃を請求されたなんて話も出ています。
解約・新規契約は早めに連絡をとり、引っ越しまでに終わらせるようにしましょう。

4. 最終的にどちらが安くなるのか

お金を見てびっくりする女の子

回線とプロバイダの継続利用と新規契約では、どちらがお得になるのでしょうか。費用やキャンペーンなどのキャッシュバックを見て、比較していきたいと思います。

料金比較

継続して使うときにかかる費用

継続利用のときにかかる費用を書き出してみましょう。

  • 引っ越し先の回線工事費……無料~1万円程度
  • 引っ越し元の回線撤去費……無料~1万円程度
    合計:無料~2万円程度の見積もりが予想されます。

工事関連は継続利用の場合、回線業社が負担してくれるか新規契約と比べたら、安くなることが多いようです。連絡をして工事の日程を決めるだけのため、手間も少なく済むので比較的難しいことはないでしょう。

新規契約するときの費用

新規契約のときにかかる費用を書き出してみます。

  • 契約解除料…契約によっては違約金が発生し高額になることがあります
  • 回線撤去費…継続利用と同じ様に1万円ほどかかります
  • レンタル機器返却送料(紛失・破損時は別途費用発生)
  • 翌月分の利用料…解約した月の支払いは通常より遅れる場合があります
  • 新規回線工事費…未開通であれば2万円ほどかかります

回線業者によって費用は様々ですが、合計金額が5万円以上かかることもあります。特に気をつけなければいけないことは、違約金とモデム等のレンタル機器です。

引っ越し元でネットを契約した際に、2年間契約することで工事費を実質無料というキャンペーンに入っていたときは、19ヶ月で解約すると残りの5ヶ月分の工事費を請求されます。工事費分の料金が毎月の使用料から1,500円引かれていたとすると、残りの7,500円は契約解除料と共に違約金として請求がくるので、解除料が9,000円のだとしたら合計で16,500円となるのです。

モデムやアダプタ類も未返却・破損していたときは買い取り扱いか、修理代金として別途費用がかかるときがあります。破損時の場合は、1万円以下の修理費を請求されるプロバイダが多いのですが、未返却時は買い取りのため1万円以上の請求がほとんどです。

違約金とレンタル機器だけで3万円弱の請求の可能性があるため、契約内容と機械類の保持には気をつけましょう。箱があると返却時にすぐ返すことができるので、なるべくは取っておきましょう。

キャッシュバックを利用する

解約と新規契約時は、とても大きな出費が予想されます。その出費を軽くするためにも、新規契約のキャッシュバックを利用しましょう。お得に乗り換えられるプロバイダを3社紹介したいと思います。

プロバイダ キャンペーン内容
auひかり キャッシュバック最大55,000円
違約金負担有り
NURO光 キャッシュバック35,000円
SoftBankスマホ1台につき最大1,000円引き
関東・関西・東海エリア限定
So-net光 キャッシュバック33,000円
auスマホ1台につき最大2,000円引き

キャッシュバックの大きいプロバイダから、3社ピックアップしてみました。1部のプロバイダでは乗り換え時に違約金の負担をしていたりなど、ユーザーにとって有利になるキャンペーンがあります。
他にも、工事費が無料になったりと乗り換えで損失どころか、お得になることもあるのでキャンペーンはしっかりと利用しちゃいましょう。

おすすめは新規に乗り換え

継続利用と新規契約の両方の内容を見てみましたが、最終的に手間を惜しまないのであれば新規で契約した方がお得になることが分かりました。キャンペーンを利用したら、結果的にプラスになることもあるので、プロバイダ選びなどは慎重に行いましょう。

他にもコミュファ光のような地域限定のプロバイダであれば、回線速度も速くネットが快適に使えるようになります。地域限定のものはたくさんあるので、調べて利用してみましょう。

5. 引っ越し時にあったアレコレ

メガホンで喋る人

引っ越し時にあったトラブルや、引っ越しをするときに良かったことの口コミを集めてみました。継続利用した人たちと、新規契約をした人たちの口コミを集めてみたので参考にしてみてください。

▼継続利用をした人たちの声

時間がものすごくかかった 【東京都 20代 男性】

以前住んでいたところから、会社から1駅離れたところに引っ越したんだけど、引っ越し先で回線工事するのに時間がかかって2ヶ月近く家でパソコンにネットを繋ぐことができなかった!今は開通して問題ないけど、繋がるまで家ですること無かったな~

料金が上がった 【大阪府 40代 女性】

戸建てを買って、マンションに居るときに使っていたインターネット回線をそのまま移動させたのですが、なぜか料金が上がりました。こういうことってあるのでしょうか?手間はかかりませんでしたが、業社に聞いてみたところマンションと戸建てでは仕様が違うみたいですね。少し残念です。

簡単に手続きができた 【福岡県 30代 男性】

回線とか難しいことはあまり分からないから、簡単に手続きができて安心しました。引っ越し先でも今までどおりに使えるし、引っ越してからなんかネットが快適になった気もします。

お金はほとんどかからない 【静岡県 20代 男性】

以前仕事の都合でお隣の山梨から引越したけど、回線とプロバイダを継続利用したらほとんどお金がかからず使えるようになったので、助かりました。なんか静岡では東日本なのか西日本なのか複雑らしいですが、私のところはどうやら東日本だったようですw

▼新規契約をした人たちの声

キャッシュバックの受け取りまで長い 【大阪府 40代 男性】

キャッシュバックキャンペーンの広告を見て、以前住んでいたところで使っていた回線やプロバイダを解約し新規契約を行いました。手続きが複雑なのと、キャッシュバック受け取りまでに半年はかかったので、労力を考えたら気持ちとしてはあまり得したようには感じませんでした。お金は浮きましたが、もう少し早めに受け取りをしてほしいです。

割と面倒だった 【東京都 20代 男性】

就職して上京したけど、開通まで時間がかかるわ回線重いわで、最初の頃はホントに大変でした。九州から越してきたし、NTT西日本のものは使えないのはわかるけど、もう少しどうにかならないかな?今は問題なくできるけど、また引っ越すときになったらダルいと思う。

キャッシュバック以外のキャンペーンがある 【北海道 50代 女性】

道内で引越しをしたのですが、息子からどうせならネットの回線変えてみたらと言われ、一緒に見てもらいました。私には難しい内容でしたが、工事費や解約にかかった料金の負担を受けてくれると言われたので、お得に変更をすることができました。私は見ていただけですが、これから引っ越しを考えている人は、私のように乗り換えてみてはいかがでしょうか?

以前より快適になった 【愛知県 30代 男性】

引っ越しを機に以前の回線とプロバイダを解約し、コミュファ光という地域限定のプロバイダに変更してみました。東海地方では有名らしく、夜中でも回線が速いので仕事終わりや休日にゲームをする私にとっては、とても嬉しいポイントでした。料金や工事のことで契約を悩む人がいますが、個人的には良いものがあればどんどん変えていけば良いと思います。

8名の方の口コミを見てもらいましたが、いかがでしたでしょうか。料金や工事関連、ネット環境に至るまで様々な意見があったと思います。それぞれの方法でメリットもデメリットもありますが、自分に合ったやり方の参考になればと思います。

まとめ ~引っ越しても快適にネットを続けよう~

たのしい

引っ越しの際にやるべきインターネット回線の処理について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。手続きや工事の日程など、決めることはがたくさんあり面倒に感じることもあるかも知れません。やり方によっては費用もかかってしまうので、負担する金額が安くなる方法をしっかりと調べて、新しい住所でも快適にインターネットが利用できるように整えていきましょう。
解約や継続のどちらでも、自分に合ったやり方を見つけてみてください。

おすすめの記事