最近よく耳にする、光コラボレーション(以下、「光コラボ」)

「ネット回線にかかる費用が安くなる」と言われていますが、詳細をご存じの方は少ないと思います。

今回は、そんな光コラボについて簡単にまとめてみました。

これから光回線の契約をしようとしている方、現在フレッツ光などの光回線をご利用中の方は必見です。
ぜひご覧ください。

1.光コラボとは?

光コラボ_とは

光コラボとは、NTT東日本・NTT西日本が提供しているブロードバンド(固定回線)であるフレッツ光を、プロバイダや携帯会社などの各事業者に卸し、その事業者独自のキャンペーンや特典をプラスして、インターネットを提供するサービスのことです。

回線自体はNTTのフレッツと同じ光回線なので、安定性や速度はかわりません。
(速度が遅かったり安定しない場合は、回線でなくプロバイダや機器、接続設定に問題がある可能性が大きいです)

回線とプロバイダの契約や請求を1つにできる、キャッシュバックや特典が貰えるなど、様々なメリットがあります。

次は、光コラボのメリット・デメリットについて解説します。

2.光コラボのメリットと注意点

光コラボ_メリット

光コラボのメリット

料金が安い

1つ目は、料金が安いこと。

これまで光回線はNTTの独壇場でしたが、光コラボでたくさんの事業者が参入したことで、価格競争が起こり、料金プランやオプションサービスなどの月額料金がかなり安くなってきています。

さらに、顧客獲得のために、契約手数料や工事費などの初期費用も安くしている事業者も出てきています。

光回線を初めて契約する方にも、これから光コラボに乗り換える方にも嬉しいメリットです。

回線とプロバイダが一本化されている

2つ目は、光回線とプロバイダの契約が1つにまとまっていること。

光コラボの特徴として、回線とプロバイダが一本化されている事業者が多いことも、料金が安くなる要因です。

プロバイダを別で契約する必要がなくなるので、さらに毎月のコストを抑えることができるだけでなく、光コラボ以外の回線を使っている方は、乗り換えるだけで請求も1つにまとまるので、とても楽になります。

さらに、プロバイダについては、これまで光回線を解約する時、回線事業者とプロバイダの両方に連絡する必要がありましたが、一本化されている光コラボではそれも不要です。
光コラボ事業者に解約の連絡するだけでよいので、今までのような手間がかからず、プロバイダの解約漏れで余計に請求されることもなくなることも、嬉しいポイントです。

キャッシュバックや特典が豊富

3つ目は、キャッシュバックや特典が豊富なこと。

事業者独自のサービスをプラスして提供しているところが多く、その内容は様々ですが、今までの光回線ではなかった(少なかった)ところですので、こちらも嬉しいポイント。

キャッシュバックや人気ゲーム機のプレゼント、工事費の負担や、解約手数料の負担など、特典は多岐にわたります。

 

このように、たくさんのメリットがある光コラボですが、契約や乗り換え時に注意するポイントはもちろんあります。
次は、その注意点をご紹介します。

光コラボの注意点

光コラボ_注意点

必ず詳しく調べてから契約(乗り換え)すること

光コラボの事業者はとても多いので、サービス提供開始からあまり日が経っておらず、肝心なサービスやサポートの質がよろしくないところや、キャッシュバックの多さをウリにしているけど、肝心の受け取り方法がものすごく大変なところなど、お世辞にも良い会社と言えない事業者もあります。

ついつい、月額料金やキャッシュバックなどのお金について目を向けてしまうことが多いと思いますが、安易に決めることはオススメしません。

最低でも、契約と解約のタイミング・料金・サービス・キャンペーンの4つを詳しく調べて検討したうえで、申し込むようにしましょう。

3.光コラボにするには 3つのステップ

光コラボ_ステップ

Step1.検討

何事も始める前に考えることが重要です。

特に、光コラボを含むインターネット回線契約は、思わぬ負担が発生してしまうこともあるので、「本当に申し込んだ方がよいか」「申し込むならどこにするのか」を光コラボ事業者を比較して、必ず考えましょう。

Step2.申し込み

しっかり考え抜いたあとは、契約(または乗り換え)を希望する光コラボ事業者に申し込みましょう。

新たに光回線を契約する場合はこれだけですが、現在光回線を使っていて乗り換えをする方は、解約もする必要があります。

このとき注意頂きたいのが、「工事」です。

自身の都合や、事業者の営業日によっては、工事まで日数がかかる可能性があります。

解約を先にしてしまうと、ネットが使えない期間が発生してしまう恐れがあるので、「解約」ではなく「申し込み」から必ず行い、工事日が判明次第、解約日を決めるとよいでしょう。

Step3.解約

最後に解約です。

光回線だけでなく、プロバイダも契約されている方は、解約を忘れてしまうと余計なコストがかかってしまうので、必ず両方とも解約するようにしましょう。

どこのプロバイダと契約したかお忘れでしたら、契約時の書類を確認する、Webサービスのマイページがあればログインする、または光回線事業者に問い合わせてみましょう。

4.オススメの光コラボ事業者

大手携帯キャリア

あなたが持っているスマホが、docomo・ソフトバンク・auのいずれかであるなら、スマホとセットで契約することで毎月の通信料が安くなる、大手携帯キャリアの光コラボがオススメです。

詳しくは下記の記事を読んでみてくださいね。

その他の事業所

大手携帯キャリアの光コラボ回線以外を利用したい方は、DMM光かNURO光をオススメします。

DMM光の場合、DMMモバイルを使用していると月額が安くなりますし、NURO光の場合は最大速度2Gbpsという魅力があります。

下記の記事は、より詳しくDMM光とNURO光についてまとめているので、ぜひ読んでみてください。

 

5.光コラボ まとめ

光コラボ_まとめ

光コラボについて、光コラボとは何かから、メリット・注意点・申し込みステップ・光コラボのオススメ事業者までご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

これまでの光回線に比べ、光コラボはたくさんの事業者があるので、考えることが多く、少々複雑に感じてしまいますが、しっかり考えることで得られるメリットはとても大きいです。

「精神的」にも「通信的」にも「経済的」にも得するように考え、光コラボで快適なネット生活を送れるようにしましょう。

おすすめの記事