オンラインゲームや動画視聴が趣味である方は多いでしょう。そんな人のために、回線が安定して使えるプロバイダー・かもめインターネットを、紹介したいと思います。なぜこのプロバイダーをと思う人もいると思いますので結論から申し上げますと「ストレスを感じない通信環境」をゲットする事ができるからです。

その理由は「かもめインターネットには通信制限がない」からなのです。1日に使用できる通信量の制限がないため、好きな時・好きな時間にインターネットを楽しむ事ができます。プロバイダーの変更を考えているなら、最後までチェックして下さい。

 

1. かもめインターネットはこういった人にオススメ

1-1. ストレスを感じたくない人へ

 

動画を見たりゲームをしていると、読み込みが遅くなってしまうことがありますよね。「いま大事なトコなのに!」と、イライラしてしまう経験はありますか?これは、通信の制限がかけられてしまう「帯域制限」がかかってしまっているからなのです。混雑する時間帯に、よくこの制限はかけられてしまいます。制限がかけられてしまうと、インターネットはほぼ出来ない状態になってしまうので、余計ストレスを感じるでしょう。

かもめインターネットは、その制限が無く混雑する時間帯でも、サクサクと動画くらいなら快適に見れるくらいの速度が出ます。ストレス無くインターネットが出来るので、どんな人がオススメなのか、まとめてみました。

オススメな人

●オンラインゲームでラグを感じたくない人
●動画サイトの読み込みを快適にしたい人
●データのやり取りをよくする人

かもめインターネットをオススメする人は、上記の3つのどれかに当てはまる人です。例えばの話ですが、制限のあるプロバイダと契約をしていると、時間帯や混雑具合で制限がかかります。
この制限を数字で書いてみると最大1Gbps(bps=回線の速度を表す数値と思って下さい)の通信量で契約しているとします。その平均速度は500Mbps~400Mbpsと5割~4割程度が平均になります。制限がかかると、10Mbps以下となります。なんと最大の1GMbpsから考えて1%以下・・・これでは通信なんて出来ませんね。

かもめインターネットは、プロバイダーの制限が無いので、通信が混雑する時間帯でも80Mbpsの通信速度が記録されたと、口コミでも確認出来ました。動画サイトは40Mbpsもあれば普通に閲覧が可能なので、問題なく動くでしょう。

1-2. 夜間でも回線が安定している

 

夜間に80Mbpsの速度が確認出来たと、上記で紹介させてもらいましたが、混雑する時間帯というのがだいたい22時前後と言われています。かもめインターネットは、夜間でも最低30Mbpsは出ると報告があるので、普通にインターネットを閲覧する程度は問題無いでしょう。

しかし、オンラインゲームなどは100Mbpsは欲しいと言われています。80Mbpsの速度が出ていても、普通に動かすには物足りなさを感じるでしょう。22時~24時を避けると、通信速度の低下は回避出来ると言われているので、オンラインゲームを楽しみたいときは、その時間を外してプレイしてみましょう。

2. かもめインターネットの基礎情報

ここからは、かもめインターネットの基本的な情報を、紹介したいと思います。東日本エリアと、西日本エリアでは料金が変化するので、自分が住んでいる地域の情報はしっかりとチェックしましょう。

2-1. 通信制限の無いプロバイダー

かもめインターネットが、時間帯や混雑している状態で制限がかからないと、前項目から説明させてもらいました。その他にも、かもめインターネットは転送量で、制限がかかることはありません。転送量というのは、ネットからの受信と送信の両方を合わせた数値になります。

他社のプロバイダーであれば、○日に○○Mの通信量が発生すると制限がかかりますなどの規定量がありますが、かもめインターネットにはその制限もありません。なので、好きなときに好きな時間だけインターネットが楽しめるのです。

 

2-2. ネット回線は何が対応しているの?

 

かもめインターネットは、NTT東日本/西日本のフレッツ回線が対応しています。

東日本対応回線
フレッツ光ネクスト
Bフレッツ
フレッツ・ADSL
フレッツ・ISDN
西日本対応回線
フレッツ光ネクスト
フレッツ光プレミアム
Bフレッツ
フレッツ・ADSL
フレッツ・ISDN
東日本/西日本対応回線
光コラボレーション事業者
独自回線事業者 ×

かもめインターネットは、様々な回線に対応していますが、独自回線事業者の回線には対応していません。

auひかり、NURO光、Yahoo!BB(ADSL)等、いくつかの未対応な回線があるので、自分がいま使用している回線が対応しているのか確認してから、プロバイダーの変更はしましょう。

2-3. 工事関連

 

かもめインターネットは、プロバイダーなので回線とは違い工事の必要がありません。しかし、今から家にインターネット回線を引こうと考えている人は、別途で回線の工事費が必要になります。戸建て・集合住宅・回線によって、工事費の相場は変化しますが、おおよその工事費の平均を紹介します。

回線工事費の平均額:18,000円~24,000円

キャンペーンなどによって、抑えらることも出来るので、どの回線や事業者が良いのか調べてみましょう。

 

2-4. 毎月かかる費用と初期費用は?

 

月額費用は、東日本と西日本で変化します。

西日本 東日本
初期費用 0円
プロバイダー料金 2,366円(月額)
回線料金
ファミリータイプ(NTT光フレッツ参考価格) 3,810円 4,400円
マンションタイプ(NTT光フレッツ参考価格) 2,930円 2,650円
月額費用 ファミリータイプ:6,176円~
マンションタイプ:5,296円~
ファミリータイプ:6,766円~
マンションタイプ:5,016円~

プロバイダ料金は、東日本/西日本ともに2,366円と一定なので、いま使っている回線料金にプラスしたら、金額を算出できると思います。初期費用に関しては、工事代金などが無いので0円と表示させてもらっています。しかし、契約時にプロバイダー料金3ヶ月分の前払いが必要なため、7,098円の費用が前払いでかかってしまいます。もし3ヶ月以内に解約したとしても、返金にはならないので気をつけましょう。
その他契約料などは、一切かからないので安心して契約が出来ますね。

今回提示させてもらった回線料金は、あくまで参考なので注意して下さい。

支払いに関して

月額費用の支払いは、口座引き落としかクレジット払いの2つから選べます。
口座引き落としは、毎月3日(土日祝のときは次回営業日)
クレジット払いのときは、毎月1日に一括払いです。ただ、実際に口座から引き落とされるのは、クレジットの支払い日です。

3. かもめインターネットのキャンペーン

3-1. 全額返金キャンペーン

かもめインターネットでは万が一サービスに満足できなかった人のために、初回に支払った利用料金を全額返金するというキャンペーンを実施しています。

そのため、通信速度が気になって迷っているという人にも安心して利用する事ができます。
この全額返金キャンペーンの対象期間はプロバイダー利用開始月の25日までとなります。またこのキャンペーンが適応されるのは「基本接続サービス」のみです。
「v6プランサービス」や「複数IPサービス」では適応外になるので注意しましょう。

キャンセルの連絡は電話だけでなく、専用ページ内にある「退会申請フォーム」からも行えます。

3-2. 初期費用無料キャンペーン

かもめインターネットでは契約初期費用が無料のキャンペーンを行っております。
通常であれば「ファミリータイプ」「マンションタイプ」で金額が異なる初期費用ですが、それらが無料に鳴るキャンペーンは全てのサービスで利用する事ができるのが魅力です。

【他社との比較】

かもめインターネット プロバイダー費用 NTTフレッツ光工事費用(参考価格)
初回費用 0円 ファミリータイプ:18,800円~
マンションタイプ:15,800円~

月々の使用料も安いですが、一番費用がかかる初期費用を他社と比較してみる事で、かもめインターネットがお財布に優しいプロバイダーである事がわかります。
このキャンペーンには期限が設けられていませんので、契約の際には現在も行われているキャンペーンかを確認してみて下さい。

4. かもめインターネットの口コミ&評判

SNSメディア

寄せられた口コミ以外にも、SNS上でかもめインターネットがどのような評判なのか見ていきましょう。

 

口コミ&評判は半々という感じで、変更して良くなったと言う方もいれば悪くなったという方もいるようです。
良くなったという方のほとんどは、IPv6プランにしているようなので、回線速度を安定させるためにそのプランに入るのも手かもしれません。

4-1. 口コミまとめ

良い口コミと悪い口コミの両方を紹介させてもらいましたが、いかがでしたでしょうか。良い口コミに関しては、回線の速さや安定性を評価している人が多くいました。固定IPを利用しているという口コミは、費用が安いという評価が多かった印象があります。

悪い口コミの方は、かもめインターネットの良いところを感じにくいという意見が多く、「変えても変えなくても良かったかも」という口コミが多くありました。確かに、一定の速度はあるものの、混雑時や夜間は通信速度が少し下がってしまうときもあります。そんなときは、時間をずらして使ってみてはいかがでしょうか。24時を過ぎたら、回線速度も戻ることが多いので、翌日が休日であれば遅くに使ってみても良いかもしれません。

5. かもめインターネットに変更する手順

かもめインターネットにプロバイダーを変更するまでの、簡単な流れを紹介したいと思います。
いくつか事前に知っておかなければいけないこともあるので、必要なことはメモに残しておきましょう。

5-1. 契約のやり方

 

かもめインターネットの契約は、ネット上で必要な情報を入れることで契約することが出来ます。事前に準備しておかなければいけないものもあるので、必要ならばメモをしておきましょう。

ネットで申し込み

かもめインターネットの、公式サイトから必要な情報を入力して、申し込みましょう。公式サイト上部にある、「ご入会の流れ」、もしくはオレンジ色の「お申し込み」から申し込みのページに飛ぶことが出来ます。

かもめインターネット 申し込み

変更時に必要な情報は
●アクセス回線の名称
●メールアドレス
●クレジットカード(クレジット払いの登録に必要)
●口座情報(通帳・届出印)

メールで会員登録のURLが送られてくるので、連絡可能なメールアドレスを用意しましょう。まだ回線を持っていない方であれば、サイトからNTTフレッツ東日本/西日本の公式サイトに飛べるので、回線を選び開通させましょう。

NTTフレッツ

契約までの流れ
  1. サイトから契約をしよう
    契約には、サイトのオレンジ色の「お申し込み」をクリックすることで専用のページに飛ぶことが出来ます。
    ページ下部に行くと、利用規約と個人情報の扱いについて書かれているので、よく読んで同意出来ればチェックを入れましょう。チェックを入れると、次のページに進むことが出来ます。
    申し込みフォーム
     
  2. 必須事項は必ず入れる
    お申込みフォームへ移動すると、情報を入れ込む欄が出てきます。「*」がある欄は必須項目なので、必ず入れるようにしましょう。
     
  3. クレジット払いの登録方法
    お申込みフォームで、クレジット払いを選択して完了すると、別途で登録専用のメールが届きます。メールにURLが書かれているので、クリックし登録処理画面に移ります。クレジットカードの情報を入力し、登録を完了させれば、クレジットカードの処理は完了です。
     
  4. 口座振替の登録方法
    お申込みフォームで、口座振替を選択して完了すると、後日郵送にて契約の書類が届きます。書類を書き終えたら、返送し初回利用料金を支払いましょう。3ヶ月分の支払いなので、金額を確かめて払いましょう。かもめインターネットの方で、書類と支払いが確認出来たら登録は完了です。
     
  5. 登録が完了したら
    クレジットカード・口座振替、どちらかの登録が完了したら、ご利用案内のメールが届きます。郵送で会員証が届くので、会員証を手元に置き、必要な情報を入れてネットを繋ぎましょう。もし接続が上手くいかない場合は、サポートセンターに連絡し、状況を説明して対策を聞きましょう。

電話で申し込み

かもめインターネットは、電話で申し込むことが出来ません。正確な情報を入れる必要があるので、公式サイトで専用のフォームを使い登録しましょう。

もし、登録や質問事項があれば、専用のサポートセンターに電話して聞いてみるのも良いでしょう。

●株式会社ネットフォレストISPサポートセンター
●TEL:0800-800-6244
●営業日:平日10時~12時、13時~17

6. かもめインターネットの解約は簡単?

万が一契約した後に「かもめインターネットは自分に合っていない」となってしまっても、かもめインターネットは手続きがとっても簡単なんです!
ただし、解約時期によっては余分に料金が発生してしまうことがあるので詳しく解説していきますね。

6-1. 解約方法

  1. 公式サイトから退会申請
    解約方法についてですが、登録時と同じ様に公式サイトから専用のフォームを使い、退会の手続きをとることが出来ます。アカウントパスワードが必要になるので、会員証を手元に置き、必須事項を入力しましょう。
    希望日時は翌月か翌々月末の選択となります。
    嬉しい情報としては、かもめインターネットは退会・解約時に料金が発生しないので気軽に手続きが行えますね。
    かもめインターネット 退会フォーム画像参考:https://www.kamome.or.jp/cgi-bin/member/leave/input.cgi
     
  2. 会員証を紛失してしまったら
    会員証を紛失してしまったら、アカウントやパスワードが分からないため、専用のフォームで申請ができなくなります。そういった人のために、電話かお問い合わせフォームで連絡をすると退会申請書類が送られきます。必須事項を書き返送することで退会の手続きをとることができるので、アカウントやパスワードを忘れてしまっても問題ありません。
    かもめインターネット 問い合わせ画像参考:https://www.kamome.or.jp/member/pre-leave/

6-2. 引越し時

「引越しするので、1度かもめインターネットを解約します」という話しをよく聞きます。引っ越しをしたら使えなくなるような、1部の地域のみの回線やプロバイダであればその必要があります。かもめインターネットは全国で使えるので、手続きをとれば引越し先でも問題なく使えるのです。引っ越しを考えている人は、解約せずに引越し先でも使ってみてはいかがでしょうか?
引越し先で回線が通っていなければ、回線の開通工事が必要になるので気をつけましょう。

6-3. 解約時の注意

退会申請をするときは、いくつかの注意点があります。

●退会は申請当月ではなく最短で翌月の退会
●料金未納時は支払完了後に退会が可能
●支払い済みの料金は返金対応していない

退会時は以上の3点に注意して下さい。退会申請フォームで、翌月か翌々月の末に退会か選べるので好きな日を決めて退会申請をしてください。

 

7. かもめインターネットのよくある質問

 

かもめインターネットに関して、よくある質問をまとめてみました。
申し込み関連・回線関連・サポート関連の3つの点から、よくある質問をまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

7-1. 申し込み関連

登録時に回線を間違えて入力してしまったが、変更は可能?
変更申請フォームから変更可能です。もし回線を間違えたときは、お客様情報変更申請フォームより変更しましょう。アカウントやパスワードが必要になるので、会員証を準備しましょう。
モデムは貸出している?
貸出はしていません。かもめインターネットは、プロバイダーの事業のみなので、モデムなど回線関連の商品やモデムは扱っていません。モデムの貸出なごは、回線業者からレンタルしましょう。

 

7-2. 回線関連

インターネット回線が使えるまで何日かかりますか?
登録してから、最短で3営業日で使うことが出来ます。
実際どのくらいの速度が出るの?
通信環境は、場所や時間など状態によって変化します。昼間に50Mbpsの速度が出ても、夜間には20Mbpsになったりもするので、一概にどのくらいとは言えません。

 

7-3. サポート関連

パスワードの紛失や、設定方法の問い合わせはどこから?
設定方法が分からないときはサポートセンターへ連絡してみましょう。専用のスタッフが説明してくれます。パスワードを忘れた場合は、再発行する必要があります。個人情報を守るために、再発行は郵送もしくはFAX対応となるので、手元に届くまでしばらく時間がかかるときがあります。再発行手数料:308円かかるので気をつけましょう。

まとめ

 

ここまで、かもめインターネットのことを紹介させてもらいましたが、いかがでしょうか?

回線のことだけでなく、プロバイダーの質も考えているなら、かもめインターネットはかなり良い部類に入ると思います。回線速度や、帯域制限のことを考えるなら、プロバイダの変更をしてみましょう。

ネット環境を整えるなら、検討してみて下さいね。

 

 

おすすめの記事