「ドコモポケットWiFiの月額料金や通信速度はどうだろう」

「自宅はドコモポケットWiFiの対応エリアなのか?」

「ドコモポケットWiFiの口コミや評判を知りたい!」

という興味や疑問がある方のために、ドコモポケットWiFiの情報をまとめました。また、実際にドコモポケットWiFiを利用した方の口コミ・評判もまとめています。口コミ・評判ではドコモポケットWiFiを利用した正直な感想が書かれているので、ドコモポケットWiFiと契約しようと考えていた方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事を読むことで、本当にドコモポケットWiFiで良いのか、自分と合っているのかがわかります。ドコモポケットWiFiが気になっている方は必見ですよ。

 

【ポケットWiFi=モバイルWiFiルーター】
ポケットWiFiとは、ワイモバイルの登録商標なので、ワイモバイルのモバイルWiFiルーターのことを指しています。そのため、他社のモバイルWiFiルーターのことをポケットWiFiとは呼ばないのです。しかし、多くの方が他社のモバイルWiFiルーターのことをポケットWiFiと認識しているため、こちらの記事でも、モバイルWiFiルーターのことをポケットWiFiと表記させていただきます。

 

1. ドコモポケットWiFiの料金プランに関する口コミ&評判

まずは、ドコモポケットWiFiの料金に関する口コミ・評判を確認しましょう。

口コミ・評判から”ドコモポケットWiFiの月額料金はとにかく高い”ということがわかります。それでは、次にドコモポケットWiFiの料金構成やプランを確認しましょう。

1-1. 料金構成

ドコモポケットWiFiの料金は、

・「基本プラン(月額1,200円)」

・「パケットパック(月額最低2,900円)」

・「インターネットサービス(月額200円)」

の3つから構成されます。

パケットパックは月々使用するデータ量が増えれば増えるほど、月額料金も高くなります。最も安いパケットパックは月々のデータ量が1GBまでで、月額2,900円です。つまり、ドコモポケットWiFiはたった月々たったの1GBしか使えないプランでも、月額4,300円かかる計算となります。

1-2. 料金プラン

ドコモポケットWiFiには、

・使ったデータ量分だけ請求されるプラン

・1ヶ月で定められたデータ量を利用でき、定額を請求されるプラン 

の2つがあります。

使ったデータ量分だけ請求されるプランのメリットは、速度制限にかからないので、いくらでもデータ量を使用することができます。しかし、いつの間にかたくさんのデータ量を使用してしまい、高額請求される心配があるというデメリットもあるのです。

1ヶ月で定められたデータ量を利用でき、定額を請求されるプランのメリットは、毎月請求される金額が同じなので、高額な請求をされる心配がありません。しかし、契約しているデータ量を超えてしまうと、通信制限がかかるデメリットがあります。それでは、ドコモポケットWiFiの料金を表で確認しましょう。

ひとりで利用する場合

1人

使った分だけ
パケットパック データ量 月額 月額合計
ベーシックパック ~1GB 2,900円 4,300円~
~3GB 4,000円 5,400円~
~5GB 5,000円 6,400円~
~20GB 7,000円 8,400円~
定額
パケットパック データ量 月額 月額合計
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円 7,400円~
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円 9,400円~

月額合計は、先ほど説明した「基本プラン(月額1,200円)」「インターネットサービス(月額200円)」の合計1,400円がプラスされています。

家族で利用する場合

家族

使った分だけ
パケットパック データ量 月額 月額合計
ベーシックパック ~5GB 6,500円 7,900円~
~10GB 9,000円 10,400円~
~15GB 12,000円 13,400円~
~30GB 15,000円 16,400円~
定額
パケットパック データ量 月額 月額合計
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円 14,900円~
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円 17,400円~
ウルトラシェアパック100 100GB 26,400円 26,400円~

 

ドコモポケットWiFiをひとりで5GB契約したと仮定すると、月額合計で6,400円かかってしまいます。6,400円と聞いて高いのか安いのかよく分からないという方のために、WiMAXの料金もまとめました。

WiMAXの料金プラン

UQ

プラン名 データ量 契約年数 月額合計
UQ Flat ツープラス ~7GB 3年 3,696円
UQ Flat ツープラス ギガ放題 無制限 3年 4,380円

WiMAXの料金と比べてみると、ドコモポケットWiFiはデータ量が少ない上に、月額料金が高いということがわかります。さらに、WiMAXには”ギガ放題プラン”というほとんど無制限プランに近いものがありますが、ドコモポケットWiFiにはデータ量無制限のプランがないのです。

※WiMAXの無制限プランには、3日間で10GBまでという制限があります。

ドコモポケットWiFiの料金に関して、こんな口コミ&評判もありました。

この方は、ドコモユーザーでありながら、どこのポケットWiFiと契約すれば良いのかわからず迷っています。「ドコモユーザーであればドコモポケットWiFiで良いじゃん!何かしらの特典があるでしょ?」とお考えの方には残念な情報なのですが、ドコモポケットWiFiはドコモのスマホを利用していたとしても、月額料金は割引されません。つまり、ドコモのスマホを利用しているからといって、ドコモポケットWiFiを料金の面で選ぶメリットはないといえます。

2. ドコモポケットWiFiの通信速度に関する口コミ&評判

速い

さて、ドコモポケットWiFiの通信速度はどうでしょうか。

ドコモポケットWiFiの通信速度に関する口コミ・評判では個人差があります。主要都市に住んでいる方は快適にインターネットを利用できるので、通信速度に満足しているそうです。

ドコモポケットWiFiの通信速度は、受信最大788Mbps・送信最大50Mbpsです。しかし、この速度はドコモポケットWiFiの通信方式がLTEのPREMIUM 4Gである場合に限られます。また、PREMIUM 4Gの受信最大788Mbpsという速度は東京・大阪・名古屋の一部地域しか対応していません。通常のLTEでは、受信最大200Mbps送信最大50Mbpsという通信速度を誇っています。ちなみに、通信速度は周囲の環境や混雑状況によって変わるので、必ずしも最大速度を体感できるわけではないのです。ドコモポケットWiFiの高速通信速度を体感するためには、自宅や頻繁にインターネットを使う場所が、対応エリアなのかを確認する必要があります。

3. ドコモポケットWiFiのエリアに関する口コミ&評判

それでは、ドコモポケットWiFiのエリアについて見ていきましょう。

 

 

 

こちらの口コミ・評判の通り、ドコモポケットWiFiは対応エリアがかなり広めです。対応エリアは、ドコモの公式サイトから確認することができます。それでは、ドコモポケットWiFiの対応エリアの確認方法を説明します。まずは、ドコモの公式ホームページにいきましょう。

ドコモホームページ

ドコモのホームページにいき、青い四角で囲まれている「エリア」をクリックすると、上のキャプチャ画面が表示されます。

ドコモエリア

すると、住所を入力するか、エリアを選択することによってドコモポケットWiFiの対応エリアを確認することができます。

ドコモエリア

対応エリアは上のキャプチャ画面のように色付けされています。画面下の「凡例(LTEエリア)」を見ながら、自宅や頻繁に行く場所がドコモWiFiの対応エリアであるか確認しましょう。ドコモポケットWiFiは高速通信できるエリアは限られますが、ほぼ日本中どこでもインターネットを利用できます。対応エリアが広いポケットWiFiを探している方は、ドコモポケットWiFiがおすすめです。

4. ドコモポケットWiFiのルーター

ドコモポケットWiFiのルーターは、”Wi-Fi STATION N-01J”の1種類しかありません。しかし、2019年の春には、”Wi-Fi STATION HW-01L”という最新機種が発売予定ですので、そちらのルーターも確認しましょう。まずは”Wi-Fi STATION N-01J”についてです。

4-1. Wi-Fi STATION N-01J

ドコモWiFi ルーター

サイズ

高さ 約62㎜/幅 約98㎜/厚さ 約13.6㎜

質量 約110g
バッテリー容量 2500mAh
同時接続台数 16台(WiFi:10台/USB:1台/Bluetooth-PAN:5台を併用)
連続通信時間 約 11時間/約 14時間/約 7時間

特にルーターにこだわりがないという方には十分なスペックです。しかし、2019年の春までは、こちらのルーターしかないので、ルーターの種類や色にこだわりがある人にはドコモポケットWiFiをおすすめできません。

次に、まだ発売はされていませんが、Wi-Fi STATION HW-01Lについても確認しましょう。

4-2. Wi-Fi STATION HW-01L

Wi-Fi STATION HW-01L

 

サイズ

高さ 約66mm/幅 約130mm/厚さ 約13.8mm

質量 150g台
同時接続台数 17台(Wi-Fi:16台/USB:1台)
連続通信時間 未定

Wi-Fi STATION HW-01Lは、PREMIUM 4Gのエリア内であれば、受信時最大1288Mbps/送信時最大131.3Mbps(PREMIUM 4Gのエリア内であれば)

いう超高速通信が可能なハイスペックルーターといえます。カラーはインディゴブルーなので、男性に人気が出そうなルーターですね。

5. ドコモポケットWiFiまとめ

docomo

ドコモポケットWiFiのメリットとデメリットをまとめました。

ドコモポケットWiFiのメリット
・東京・大阪・名古屋に住んでいたら、高速の通信速度を体感できる
・対応エリアは広く、ほぼ日本全国でネットが使える
・2019年の春に、ハイスペックなルーターが発売される
ドコモポケットWiFiのデメリット
・月額料金が高額
・無制限プランがない
・発売されているルーターは1種類のみで、カラーもホワイトのみ

ルーターにこだわりがなく、高額な月額料金でも気にしないという方には、ドコモポケットWiFiはおすすめです。

しかし、多くの方は月額料金をもっとも気にするのではないでしょうか?通信速度やエリア、ルーターといったポケットWiFiを選ぶ上で大切な要素の質も高く、月額料金までも安いポケットWiFiをご紹介します。それは、GMOとくとくBBのWiMAXです。

6. 最もおすすめなポケットWiFiはGMOとくとくBBのWiMAX

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのおすすめポイント
・キャッシュバック金額が高額
・2年プランあり
・無制限プランあり

GMOとくとくBBとはWiMAXのサービスを提供しているプロバイダです。WiMAXを公式に販売しているのはUQコミュニケーションズですが、プロバイダを経由してWiMAXと契約することで、より一層お得になるのです。

「プロバイダ」とは、インターネットと回線をつなぐ役割を担っている、インターネット接続業者です。正式名称は「インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)」、略して「ISP」とも呼ばれます。

GMOとくとくBBのWiMAXを最もおすすめする理由は、高額なキャッシュバックを受け取ることができる点です。今現在は、最大で42,100円のキャッシュバックを受け取ることができます。また、2年プランか3年プランかを選択できることもGMOとくとくBBの大きなメリットです。多くのプロバイダは3年プランしか選択肢がない場合があるので、契約年数の短い2年プランが良いと考えている方にはピッタリのプロバイダでしょう。

 

6-1. GMOとくとくBB WiMAXの月額料金

まずは、GMOとくとくBB×WiMAXの月額料金について確認しましょう。大前提として、GMOとくとくBB×WiMAXには月間データ容量が無制限である「ギガ放題プラン」と、月間データ容量が7GB の「通常プラン」の2つがあります。

ギガ放題プラン

端末発送月 1ヶ月目~2ヶ月目 3ヶ月目~24ヶ月目 25ヶ月目以降
月額3,609円の日割料金 月額3,609円 月額4,263円 月額4,263円

ギガ放題プランは、youtubeをたくさん見る方や大きなファイルをダウンロードする方におすすめのプランです。しかし、ギガ放題プランには注意点があります。それは、完全な無制限ではないというところです。具体的にいうと、3日間の合計で10GB以上使用してしまうと、翌日の18時頃~26時頃まで1Mbpsという通信速度になります。つまり、速度制限にかかってしまうのです。

 

WiMAXの無制限プランについてもっと詳しく知りたい方は、関連記事を読んでみてください。

通常プラン

端末発送月 1ヶ月目~24ヶ月目 25ヶ月目以降
月額3,609円の日割料金 月額3,609円 月額3,609円

通常プランは先ほど説明した通り、月間データ量が7GB を超えてしまうと速度制限にかかってしまいます。速度制限かかった場合の通信速度は、128kbpsです。ギガ放題プランの制限速度よりも約10分の1程度、遅い速度になってしまいます。1Mbps であれば、youtubeの標準画質~低画質を見ることができるのですが、128kbpsだと、Webサイトの閲覧すらままならないので、注意しましょう。

6-2. GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーン

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は、端末ごとに変わります。また、プランによってはキャッシュバックキャンペーンを行っていないこともあるのです。端末やプランごとのキャッシュバック金額を表にまとめたので確認しましょう。

d Wi-Fi NEXT W05 2年 32,400円
2年(クレードルセット) 29,700円
LTEオプション無料プラン(3年) 42,100円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット) 40,100円
Speed Wi-Fi NEXT W04 2年 33,900円
2年(クレードルセット) 30,900円
LTEオプション無料プラン(3年) 41,900円
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット) 38,900円
Speed Wi-Fi NEXT WX04 2年 -
2年(クレードルセット) -
LTEオプション無料プラン(3年) -
LTEオプション無料プラン(3年)(クレードルセット) 41,100円
Speed Wi-Fi HOME L01s 2年 32,400円
LTEオプション無料プラン(3年) 34,600円

 

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は、2年プランよりも3年プランの方が大きいです。そのため、3年プランを選んでしまう方が多いのですが、個人的には2年プランをおすすめします。なぜなら、3年プランには大きなデメリットが2つあるからです。1つ目のデメリットは、解約金がかからない月が3年間で1度しかないということです。契約期間中に解約をすると解約金が請求されてしまいます。そのため、多くの方が解約金がかからない月に他社に乗り換えたり、契約を解除したりします。しかし、3年間の契約で解約金の発生しない月を覚えておくのは非常に困難ですよね。仮に、その月を逃してしまったら、また解約金が発生しない月が現れるのは3年後となるのです。

2つ目のデメリットは、ポケットWiFiのルーターが衰えてしまうということです。3年もの期間があると、新機能を備えた端末がどんどん発売されます。そのため、新機種との性能にかなりの差が開いてしまいまことでしょう。もちろん、バッテリーの劣化といった直接的な衰えもあります。

このような理由から、3年プランよりも契約期間の短い2年プランをおすすめします。

注意点

GMOとくとくBB×WiMAXのキャッシュバックキャンペーンには、大きな注意点があります。それはキャッシュバックを受け取る難易度の高さです。キャッシュバックを受け取るには、「口座情報登録メール」が届いてから1ヶ月以内に振込口座を登録する必要があります。このキャッシュバックを受け取るための「口座情報登録メール」は、GMOとくとくBB経由でWiMAXを利用し始めてから11ヶ月目に、専用のメールアドレスに届きます。

対策としては、スマートフォンやパソコンのカレンダーにメールが届く月を記入しておくことです。または、リマインド機能を使って、確実にキャッシュバックを受け取る準備をしておきましょう。

まとめ

GMOとくとくBBのポケットWiFiは、キャッシュバックを受け取ることができれば、とてもお得なプロバイダです。月額料金を安く抑えたい方は、ぜひGMOとくとくBBのWiMAXと契約しましょう。高額なキャッシュバックを受け取ることができるのは、下の専用ページから申し込む必要があります。注意事項をよく読んで、申し込みましょう!

おすすめの記事